いいって言うまで開けちゃダメ❤

5923viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客さまがお店のことを話したくなる! クチコミ販促35のスイッチ (DOBOOKS)

≪目次≫

1章 クチコミは狙ってつくろう!

  • 隠れている「クチコミスイッチ」を探そう!
  • レッツ!「クチコミ販促」 本書の構成と目的
  • たまたま!? いや、クチコミは「運」ではなかった!
  • スマホが「クチコミ販促」時代を拓いていく
  • イチバンはやっぱり「自分」。人は、なぜ話すのか。何を話すのか
  • つまり、クチコミには3つの要素がある
  • ちゃんと押さえよう! 人がしゃべってしまう4つの欲求

2章 「会話の入り口」をつくるクチコミスイッチ

  • クチコミ販促の「きほん」の「き」。写真を撮ってもらえ!
  • キャラクターとの2ショット写真を撮ってもらう
  • お客さまの写真撮影を後押しするひと言
  • タイミングをズラすだけで、「当たり前」が「驚き!」に変わる
  • 「あたり」がついてたら、どうなる?
  • 価値を感じるプレゼントを贈ってみよう
  • 懐かしアイテムは、共感を呼ぶ
  • 自分だけの「発見」を演出しよう
  • 人の分まで探しちゃうしかけ

3章 「来店・購入」に直結するクチコミスイッチ

  • ほぼ間違いなく「わっ」と驚いてもらえるなら・・・
  • 普通・当たり前を「不思議」にする
  • 人に見せたくなる「動き演出」
  • 「認定証」を渡して、自尊心をくすぐろう
  • 「笑える悲劇」は言いたくなる
  • 「わたし自身の商品化」が非日常を生む

4章 「しくみ」で広がるクチコミスイッチ

  • 禁断!?「不幸の手紙」方式
  • 自動的に見込み客に渡っていくもの
  • 「自慢ネタ」が、商品の中に埋め込まれていたら?
  • 「タブる」と、人はどうする?
  • コラボすれば、相手の知人にも自動的に届く
  • 定期的に発信する媒体のネタになるには

5章 クチコミスイッチを押すコツのコツ

  • 集客が変わった!「いいでしょ」の時代から「いいなぁ」の時代に
  • 「話材」がなければ、クチコミは起きようがない
  • まず、言葉をつくろう!
  • ガリガリくんで納得! 2種類のクチコミ
  • 「ふ」と「へ」の間には大きな差がある!?

6章 クチコミ集客に重要な8つの記憶

  • お客さまの記憶に残れば、それでいいのか?
  • 客数アップ・売上アップにつながる記憶要素は8つあった!
  • サービスマンの人柄が「好き」「感動」を生む
  • まず、雰囲気は「具体性」と「他との違い」がポイント
  • ヘタな理屈よりも五感の体験。とくに「香り」に力を入れるべし
  • ノートにメモして!お客さまは具体的なメニューを覚えている
  • 愛されて来店につながるのは「納得の理由」
  • とびきりの「ここだけ」「私だけ」の特別感は強力

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


rabudoll1314rabudoll1314
あなたがラブドールを購入したい場合は、市場はそれでいっぱいです。
さまざまなメーカーやブランドの人形がたくさんあります。あなたは、彼らが異なるブランドから来ているので、それらの中でも多くのユニークな資質を見つけることができます。しかし、これらすべての人形に共通する類似点はほとんどなく、私はあなたの下で4つの共通の性質を共有しています。
https://www.rabudoll.com/
美しい外観:すべての男性は美しくて大人ラブドールな女の子との関係しか持たないと思っています。

コメントを書く