インターネットとは本来、日陰に生きる者に光を当てるための力のはず。

5944viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

≪目次≫

01 SEOを意識したコンテンツを作るカギ

  • なぜ、SEOを意識したWebライティングが必要なのか?
  • Googleから評価されるWebコンテンツの作り方
  • Googleがユーザーの利便性を優先的に考える理由
  • 検索ユーザーにとって利便性が高いコンテンツとは?
  • 検索意図を推測する方法
  • まずは検索意図に合った情報を集めることが大事

02 「USP」を最大限に活かすコンテンツ

  • 商品を選んでもらうためには「USP」が必要
  • 「USP」が決まれば、マーケティングは成功しやすくなる
  • 「USP」の訴求は、比較まとめ系コンテンツで活きてくる
  • ユーティリティやツールとして機能しているか
  • 比較系コンテンツの成功事例
  • 比較系コンテンツを作る際に注意すべき点
  • 今、アフィリエイトサイトが強い理由
  • アフィリエイトの強みは「比較広告」を行いやすいこと

03 わかりやすい文章を書くためのポイント

  • 文章を読んでもらうために必要な3つの視点
  • 感情表現を入れ、自分事化による”共感”を誘発する
  • ”見やすさ”や”わかりやすさ”の重要性
  • 脳は「ふたつの思考」で動く
  • 「システム1」と「システム2」の違い
  • 「システム1」に配慮した文章作成のポイント

   ①改行・行間に気を配り、心地よいリズムを意識する
   ②感じとひらがなの含有率を調整する
   ③「この」「その」「あの」などの指示代名詞をあえて減らす
   ④箇条書きえ論理をショートカットして要点を整理する
   ⑤情報をカテゴライズして整理する
   ⑥文章が不必要に長くならないようにする
   ⑦感情表現を入れ、自分事化による共感を誘発する
   ⑧文字のサイズや色、強調のルールに気を配る
   ⑨区切り線や記号を使う
   ⑩写真やイラストを挿入する
   ⑪マンガ的な演出を意識する

  • 「システム2」を意識した論理的な文章を書く
  • セルフディスカッションとセルフディベートを行う
  • 主語や修飾語の、”係り受け”の関係を意識する
  • 文章の推敲を行う

04 論理思考をSEOに結びつける

  • 「専門家ほど何を言っているかわからない現象」とは?
  • ターゲットによって情報を噛み砕く「粒度」は変わる
  • わからない言葉・知識が出てこないようなコンテンツ構成
  • ”誰”が創ったか?という「信頼性」が大事
  • コンテンツ内で扱う情報の「信頼性」も大事
  • 情報の「鮮度」も信頼性につながる
  • ターゲットが何を求めているのかを徹底的に考える
  • 検索ユーザーや検索エンジンに評価されるコンテンツの本質
  • 論理的思考を行う際は、「因数分解」を意識する
  • 主張は「具体性」をまとうことで、訴求力が高まる
  • 説得ではなく”納得”してもらう文章の組み立て
  • 論理的思考を鍛えるには、長い論理に触れることが大事
  • 長い論理を伝える際は、ところどころで「要約」を入れる
  • すべてのことには「理由」がある

05 オウンドメディアに必要なSEO思考

06 SEOに強いライターの育成法

07 バズにつながるコンテンツ作成のコツ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く