グリーンスパン、バーナンキの襷を受けたイエレンの政策

6600viewskuramaekuramae

このエントリーをはてなブックマークに追加
イエレンのFRB 世界同時緩和の次を読む

ベン・バーナンキの後任として連邦準備制度理事会(FRB)議長に就任したのはジャネット・イエレンであり、2014年の1月に就任した。就任当初はFRB史上初の女性議長として話題となったが、就任して約2年経ち、どのような手腕を振るい、アメリカ経済を動かしてきたのか、その足跡を追っている。

第1章「議長交代―Your Team Is Up」

イエレンがFRB議長になる前、アメリカの経済は大混乱の状態だった。それは2013年10月に起こった「米政府機関の一部閉鎖」だった。その理由は財政協議の決裂に伴い、暫定予算が否決されたことにある。私たちの中でも象徴的なものとして、ニューヨークにある「自由の女神」が閉鎖され、入場できなくなったというのがある。

第2章「ジャネット・イエレン―Small Lady with Big IQ」

イエレンがFRB議長に指名されたのは2013年10月9日、オバマ大統領がホワイトハウスにて発表した。
そもそもイエレンはFRB議長になる前、どのようなキャリアをたどっていったのか。元々イエレンは大学院修了後、ハーバード大学で教鞭を執った後、FRBで6年間国際金融などのエコノミストになった。

第3章「バーナンキの革命―You Say You Want a Revolution」

イエレンの前任であるベン・バーナンキは8年の任期の中でサブプライムローン問題やリーマンショックなどの金融危機の対応に当たることが多かった。その中で主として行われたのが「量的金融緩和政策」であり沈静化を図った。しかし対応の遅れにより、国内外から批判を浴び、2期目前の信任投票の時には辛くも信任されたという。他にもティーパーティーを始めとした議員との対立もあり、デフォルト危機に立たされることもあったという。それが2010年の時である。

第4章「イエレンのFRB―Change the World」

バーナンキが議会との対峙を行ったのと同じく、イエレンの時もまた議会の対峙があった。その一つとしてバーナンキから続いている「債務上限」によるデフォルトの懸念だった。しかしその懸念もバーナンキの方針を踏襲しながら対処している。他にも「雇用」や「量的緩和」など、イエレンの政策についてポイントごとに解説している。

第5章「米国と日銀革命―Interaction」

本章の言う日銀革命は2013年4月に黒田東彦が日銀総裁に就任してから「異次元緩和」を行ったことで話題となったが、その出来事と米国との関係について歴史的な観点から考察を行っている。

第6章「欧州の革命―Anarchy in the UK, and Euro」

欧州は「ソブリンリスク」をはじめとした、経済的に危機的な状況にある国がいくつもある。そのためか経済的なゴタゴタがよく起こっており、特に3~4年ほど前までは際立っていた。その欧州とアメリカとの関係について取り上げているのが本章である。

第7章「海図なき航海―Uncharted Journey」

今の経済は、まさに本章のタイトルのようであり、各国ともに暗中模索状態である。そのような航海をしている中、日本・欧州・アメリカとでどのような方向に行くのか、本章ではそのことについて取り上げている。

感想

イエレンのFRB議長の任期は今年2月3日までで満了し、後任はジェローム・パウエルが担うこととなった。イエレンの経済政策の評価自体は様々であるのだが、今後どのような評価をして行くのか、最初の軌跡もまた参考材料と言える。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く