こっそり世界のネジを巻く、二人の共同作業

5887viewsaj_bwaj_bw

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰も死なないミステリーを君に (ハヤカワ文庫JA)

これから近い未来、死ぬ人間がわかる志緒。
その死を回避させるのが僕の仕事。

まずは序章として、練炭自殺をしようとする女性を助ける。
無事に助け終わったと思ったら、次はいっきに4人もの死の予兆が見えた。

事故か、他殺か…
その4人には共通した秘密がある。
事故か、4人以外からの他殺を回避するため
二人は無人島に4人を連れて行き、
クローズドサークルを作った。

しかし、気づくと睡魔に襲われて、
全員宛ての手紙があった。
マザーグースになぞらえてある手紙。

4人の秘密。
それは高校時代の同じ部員の死についてだった。

感想

序章の練炭自殺を助ける方法は、なるほど。
と思ったのですが、メインのクローズドサークルの話が、どうしても、アガサクリスティーをちらつかせてしまって、もっと激しい展開になるのかな?
と思ったのですが、そこは、あらすじにもある
「優しい世界の救い方」でした。

誰かが死ななければミステリーではない
というのを覆した作品でした。

比較的、サラッと読めるので
序章の練炭自殺回避、だけでも楽しめると思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く