大切なのは、「何を伝えるのか」、「どのように伝えるのか」だけです。

6342viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット音痴なあなたも売上200%UP!! 小さなサロンのための『売り込まないネット集客の極意』

この本で一番大事なこと

どうかインターネットだからといって構えないでください。
繰り返しますが、インターネットはあなたのサロンの魅力をお客様に伝えるための道具にすぎません。

大切なのは、「何を伝えるのか」、「どのように伝えるのか」だけです。
「インターネットという便利な道具を使って、お客様の心に響くよう、どうやってサロンの魅力を伝えようか」
という気もちで本書を読み進めていただければ嬉しいです。

≪目次≫

第1章 残念ホームページを『サロンの分身』に変える13のヒント

  • TOPページはホームページの店構え 1秒で「何屋さん」まのかアピールを!
  • せっかくの「こだわり」や「サロンの強み」を伝えモレしていませんか?
  • 「おしながき」かい!?金額だけのメニューページ
  • メニュー説明の「順番待ちがい」はいきなりプロポーズしてフラれるのと一緒!
  • OH! NO! プロフィールの写真が怖い!
  • プロフィールには「余計な情報」をたっぷりと!
  • 人間味あるプロフィールの見せ方は感動映画に学ぶ
  • 「良くあるご質問」で、サービス説明はNG!
  • お客様の声は武器!必ず掲載しよう
  • 「鉄は熱いうちに打て!」サロンへの連絡手段は全ページの上下に
  • 予約フォームの設問は必要最小限に!
  • メルマガ登録は、ホームページの効果を高める「魔法のツール」
  • 「お役立ちコラム」が新規のお客様を連れてくる!

第2章 「売り込まない」ためのブログとSNS活用のヒント

  • ブログ・ホームページ・SNS・メルマガはこう使い分けて集客につなげる!
  • 無料ブログの思わぬ落とし穴!!
  • ホームページ×ブログは魅力発信の最強コンビ
  • 集客ミエミエのブログはイタい!
  • 食わず嫌いはやめて SNSデビューのススメ
  • SNSも恋愛と同じ!?適度な距離感を
  • SNSでの濃い発信はモッタイナイ!
  • パーティー会場(SNS)はポジティブ発言を

第3章 「売り込まない」ネット集客のやめの下ごしらえ

  • お宝発掘でサロンのウリを明確に!
  • 「なんのためにサロンを経営しているのか?」ズバリ経営理念!
  • どうなりたいのかを目指して集客していない
  • 思い切って“ターゲットをひとりに絞ってみる”
  • 自分のサロンの「強み」と「価値 」って何だと思いますか?
  • 「悩み解決」×「サロンの強み」=ウリ!
  • オリジナルメニューはまるでお子様ランチ
  • サロンの強みはリアル!人を活かした集客術
  • 集客の後が描けると安定繁盛店に
  • 「ブランド」の正体は、サロンのウリをはっきり認識すること!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く