目標達成について、自分は本気なのかどうなのかということです。

5322viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解&会話例でわかるプロ教師の「最強」コーチング術 入門編 (塾最強コンサルタント直伝!)

≪目次≫

第1章 「コーチング」で子どもが変わる!?

 -子どもの潜在能力を引き出すアプローチ-

  • ティーチングが機能しないところにコーチングなし
  • 教師にとってのコーチング
  • 教育におけるコーチングの意味
(1)「傾聴」のスキル
(2)「質問」のスキル
(3)「フィードバック」のスキル
(4)「承認」のスキル
(5)「勇気づけ」のスキル
(6)I(アイ)メッセージのスキル
  • 子どもを育てる教師とは

第2章 子どもの発達段階に関わる!

 -「他者」とsての子どもを見る視点ー

  • 他者としての子ども
  • 子どもの成長に関心を寄せる
  • 子どもが大人になるということ
(1)自己抑制(=社会ルールの取得)
(2)社会ルールの適用(=参加と連携と自治)
(3)自律(=自立)
  • 無意識の意図(=意味・目的)を理解する

第3章 教育現場で使える「アドラー心理学」

  • アドラー心理学とは
  • 従来の教育指導の問題点~アメとムチ~
  • アドラー心理学の理論

(1)実在主義
(2)目的論
(3)全体論
(4)対人関係論
(5)現象学

  • 教育現場で使えるアドラー心理学の技法
  • 不適切な行動の4つの目的

第4章 コーチングの基本技法

 -子どもの信頼を勝ち取るコーチングスキルー

  • コーチングの姿勢
  • コーチングの構成
  • 「傾聴力」を高めよう
(1)「傾聴力」を高めるスキル
(2)「傾聴スキル」の身につけ方
  • 「質問力」を高めよう
  • 傾聴・質問の究極のねらい
  • NLP(神経言語プログラミング)
(1)ニューロロジカルレベル
(2)代表システム

第5章 こんな時どうする?

 【実践】場面別コーチング会話例

  • あいさつ
  • 目標設定
(1)会話例① 朝の会
(2)会話例② 学期の目標を決める
  • 役割を担わせる
(1)会話例① お休み係
(2)会話例② 子どもの行動に対するフィードバック
  • 子どものやる気を引き出す
(1)会話例① 「何で勉強するの?」
(2)会話例② 消極的な子どもにはたらきかける
  • 子どもの課題解決をサポートする
(1)会話例① テスト結果を改ざんする子ども
(2)会話例② テスト結果に落ち込む子ども
(3)会話例③ 喧嘩して落ち込んでいる子ども

第6章 セルフ・コーチングで教師力を高める!

  • 内省で自分を発見する
  • 自分を勇気づける
  • 自分の目標・ビジョンを定める 

(1)ゴール(目標)を明確化する
(2)リアリティー(現状)を把握する
(3)リソース(資源)を発見する
(4)オプション(選択肢)を創造する
(5)ウィル(意志)を確認する

  • 自分の中の潜在能力を引き出す
  • 自分を高めるために何かをやり続ける

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く