本当のハンデはむしろプラスに作用することも

5729viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジーパンをはく中年は幸せになれない (アスキー新書)

≪目次≫

第一章 不幸を招く意外な法則

  • ジーパンをはく中年は幸せになれない
  • 正論を言いだすとモラルが低下する
  • 親切にしすぎると仕返しされる
  • 大人買いでは心は満たされない
  • 甘い物を食べると不幸感が高まる
  • 幸福には3種類ある―成功しても心が満たされない

第二章 あえて不幸な選択をする心理の仕組み

  • 大切な仕事の前日ほど深酒がしたくなる
  • チャンスをライバルにゆずってしまう
  • 成功を捨てて確実に失敗する仕事を選ぶ
  • いちばん好きなものを、なぜか選べない
  • 5分遅れないために命をかけてしまう
  • 「こういう女はダメだ」と、言いながら、そういう女と浮気する

→男性の多くに、女性を≪聖女(母親)≫と≪娼婦≫のどちらかに分類したがる【二分割】と言われる心理がある。この心理を持っている男性は、家庭的な女性と結婚して、娼婦のような女性と浮気する人が多い。
【二分割】の傾向がある男性の見分け方
ex)「あんな天使みたいな子はトイレに行かない」など、女性をやたら清潔に考えたり、逆に「女はみんな汚れている」などと、やたら不潔がったり。また、アダルトビデオを見たがるくせに、出てくるAV女優を軽蔑したりする
不思議な男性の真理も、間違いなく【二分割】タイプです。
★あなたが女性なら、【二分割】タイプではない男性を選ぶことをおすすめします。

  • なぜ大学教授が痴漢をするのか?
  • 恥をかかされた相手に従ってしまう
→米軍が捕虜をハダカにしてホースで水をかけたり、野球部の監督が部員をハダカにして運動場を走らせたりする事件がありましたが、そうやって徹底的に恥をかかせることで、反抗的な者でもいうことを聞くようになるからです。
女性を辱めようとする男がいるのもの、そのためです。そうやって相手を支配しようとしているのです。
昔から、会社の新人歓迎会で、新入りが恥ずかしい宴会芸をやらされるのも、そうやって恥をかかせておくとあつかいやすくなるということを、上司は本能的に感じているからです。だから、芸をやらないと許さないのです。
★肝心なのは、恥をかいた後のことです。そこにつけこんでこようとする人がいないか、注意する必要があります。また、あなたにわざと恥をかかせようとしている人がいたら、これも注意です。「人前で恥をかくと、他人に服従しやすくなる」ということを肝に銘じておけば、そういうシーンでも、「いやいや、これは心理的効果のせいだから、言うことを聞いてはダメだ!」と踏みとどまることができます!

第三章 環境に影響されて不幸に導かれる

  • みんなで考えると間違える
  • 人数が増えると手抜きしてしまう
  • 95%の看護師が危険な薬を投与してしまう
  • 不幸がうつるのはなぜか?
  • 会えない時間が愛を育て、憎しみを育てる
  • 「その歳から始めたって無理」が人生のピークをつぶす

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く