夫婦喧嘩のときに「いってもいい」悪口とは?そんなものはない!!!

5842viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
人を傷つける「言い方」元気にする「言い方」 (新講社ワイド新書)

≪目次≫

第1章 その「思い込み」が人を傷つける

  • ハズレの「思い込み」で、相手はひとり傷ついている
  • 「やっぱりB型だね」が、知らず知らず相手を傷つけている
  • 人の「好きなもの」をからかってはならない
  • 「みんなそういっている」は本当に「みんな」ですか
  • 「子供をしかるお母さん」のような話し方になっていませんか
  • わざと相手の専門外のことを話す人の隠れた意図とは?
  • 「そんなの当たり前じゃないのに」に、ひどく傷つく
  • ズケズケいうほうがいいのか、婉曲にいうほうがいいのか
  • よく知らない人に「話題にしないほうがいい」こと

第2章 ゆとりのない「言い方」が人を傷つける

  • 人を傷つけない、上手な断り方とは?
  • 断られたときの、上手な受け答えとは?
  • 約束を「忘れていた」ときの話し方とは?
  • 人に「催促する」ときの話し方とは?
  • 「急がせ魔」は、人の心の傷に鈍感である
  • メールでの会話は、なぜ相手を傷つけるのか
  • 相手に「苦情をいう」ときの話し方とは?
  • 「セクハラをやめさせる」ときの話し方とは?

第3章 女ごころもおとこごころも、「小さなこと」に傷つく

  • 「むかしの過ち」を蒸し返すと、男も女も傷つく
  • 「よく知らない相手」に聞いていいこと、いけないこと
  • 「女なのに」「男のくせに」とはいわずに文句をいう方法
  • 悪気のない「ひとことでも、女こころ」を傷つける
  • 男の「別に」「何も」が女こころを傷つける
  • 「結婚なんかしなきゃよかった」が現実のものになるとき

第4章 上司の「ひとこと」が部下を傷つける

  • 「名前なんだったっけ?」が部下を傷つける
  • 「だからダメなんだよ」と叱ってはならないもうひとつの理由
  • 部下が「雑用」を嫌がるのは、その「命じ方」が悪いから
  • 若手社員のアイディアを否定するとき、いってはいけない言葉
  • 人の上に立つ者は、「無言、無表情の暴力」に注意せよ
  • 「デキの悪い部下」にいってはいけない言葉

第5章 上司も傷つく部下のこんな話し方

  • 「上司の人物評」で盛り上がってはいけない理由
  • ほめたつもりが、上司を傷つけていた
  • 「叱られ上手の部下」VS「叱り下手の上司」のビミョーな関係
  • 上司の判断に「疑問を感じた」ときの話し方とは?
  • やりたくない仕事を押し付けられたときの返事とは?
  • 「無謀なノルマ」を押し付けられたときの話し方とは?
  • 「方針がころころ変わる上司」に不満をもったときは?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く