自分の隠してた感情に触れる

4909viewsils.t.nils.t.n

このエントリーをはてなブックマークに追加
水やりはいつも深夜だけど (角川文庫)

 様々な家族の形、その中で形成される感情。普段は見て見ぬ振りをしていた自分。理解してほしいと思うほどに歯車が食い違っていく・・・。痛みがあるからこそ感じられる優しさに触れることができる。気が付けば涙してしまうそんな作品。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く