奥深いフェチの世界

5268viewsさばねこくんさばねこくん

このエントリーをはてなブックマークに追加
谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)

谷崎潤一郎のフェティシズムをテーマにした短編集。

時には残酷に時にはマゾになる登場人物たちが魅力的。
この作品を読んでいるとサドとマゾは表裏一体なのだなと思わせられる。

そして、女性の体の「そんなところまでみているのか」と逆に感心させられてしまうほどの執拗な描写は谷崎のこだわりを感じさせられる。

感想

やらしいのにやらしく感じさせないのが素晴らしい。

特に、「富美子の足」などは足の描写だけでよく、こんなにもページをさけたな!と思えるほど
谷崎が足フェチを炸裂させている。

登場する女性たちもみんな無自覚小悪魔といった感じで「ふーん、なるほど谷崎はこんなタイプが好きなのか」
とニヤリとしながら読んだ。

一言でフェチって言っても、そんな浅い世界じゃないんだぞ!と
谷崎にえんえんと語られているような錯覚に陥ってしまうそんな作品。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


rabudoll1314rabudoll1314
多くの専門家は、人間が定期的な使用によって大きな健康上の利益を経験するという事実に同意しました。あなたが定期的に性行為に登録すると、あなたの身体的状態が改善されるだけでなく、精神的(生理的)状態にもプラスの影響を与えます。多くの人々が恋人、妻またはガールフレンドと不快で比類のない性行為経験を共有している多数のウェブサイトを見つけることができます。彼らの中には、パートナーとの悪い経験を共有することを恥じることさえありません。
https://www.rabudoll.com/
彼らのパートナーがオルガズムを達成するのを助けて満足することができなくなった場合、理由は個人によって異なるかもしれませんが、ほとんどの人が異なる性的欲望を達成するのを手助けできる人を見つけることが一般的です。日本の愛の人形は、今日、世界中で人気のある、最も好きな大人のおもちゃ製品の一つになっています。日本だけでなく、世界の他の地域の人々は、さまざまな理由で日本のTPEリアルドールを使用することを好むようになりました。彼らは実際の女性や一夜のスタンドとの長期的な関係を持つよりも本当に優れています。
https://www.rabudoll.com/tpe-lovedoll-05901.html

コメントを書く