やっぱり天才は俗世は生きにくい。

5837viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
たゆたえども沈まず

1800年代後半、1人の日本人が、日本美術を海外に存在を知らしめた男がいた。林忠正。パリに「若井・林商会」を設立し、日本では、芸術ではなく大衆娯楽として、紙くず同然として扱われていたが、海外でのジャポニズム旋風に乗って、浮世絵を芸術へと押し上げた立役者であった。
そしてその、浮世絵に魅入られた、画家がいた。印象派にもまだ、属しておらず、もちろん全く注目などされていない、孤高の画家、フィンセントゴッホだった。彼を献身的に、支えていたのは、弟のテオだった。いつまで、認められない兄の才能がいつか陽の目を見るという希望だけが彼の生きがいだった。繊細すぎる、この兄弟は、お互い助け合い、傷つけあい、そんな2人に周りは巻き込まれて行く…。

感想

芸術とは厳しい世界だ?

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く