金融商品はいずれも、お金を増やす(可能性がある)という価値に対して、私たちはお金を払います。

5977viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
お金は寝かせて増やしなさい

この本で一番大事なこと

インデックス投資とはどんな投資法でしょうか。

本書では、『ウォール街のランダム・ウォーカー』で推奨されている「世界中に分散したインデックスファンドを積み立てて投資して長期保有すること」をインデックス投資と呼ぶことにします。

私がインデックス投資をおすすめする理由は次の3つです。
①手間がかからない
②実は世界標準のスタンダードな投資法だから
③お金の基礎知識として日常生活に役立つから

内容

■プロローグ 私がたどり着いた「寝かせてお金を増やす方法」

  • インデックス投資の長期実践者が少ないのはなぜ?
  • 私がインデックス投資をおすすめする理由
  • おすすめする理由①:手間がかからないから
  • おすすめする理由②:実は世界標準のスタンダードな投資法だから
  • おすすめする理由③:お金の基礎知識として日常生活に役立つから
  • 銀行や証券会社を信じてはいけない!

■第1章 金融のど素人でもプロと互角以上に戦える「インデックス投資」

  • インデックスファンドは「投資信託」の一種
  • 投資信託のメリット①:少額から購入できる
  • 投資信託のメリット②:たくさんの銘柄の株式や債券に分散投資できる
  • 投資信託のメリット③:運用する金融機関が破綻しても資金が守られる
  • 「専門家が運用してくれる」のはメリットにならない?
  • 投資信託のデメリット①:持っているだけで手数料がかかる
  • 投資信託のデメリット②:すぐに大儲けはできない
  • 投資信託の99%は不要
  • アクティブファンドのほとんどがインデックスに勝てない皮肉な現実
  • 基本はひたすら「積み立て投資」
  • いざ始めてしまえば、やることはほとんどない!
  • なぜ、銀行や証券会社はインデックス投資をすすめないのか?

■第2章 寝かせて増やすインデックス投資の実践法

  • インデックス投資を始める前に最低限しなくてはいけないこと
  • なにが起きても自分と家族を守るお金「生活防衛資金」
  • 100年に1度の金融危機のなかでもぐっすり眠ることができた理由
  • インデックス投資でいちばん大切なのは自分のリスク許容度を知ること
  • 自分のリスク許容度を知る方法
  • 分散投資のスゴいところ
  • お金の世界で使われる「リスク」という言葉の意味
  • 「将来の不確実性」のリスクは数字で確実に表現できる
  • 期待リターンも数字でズバット表現できる
  • インデックス投資は究極の分散投資
  • 資産配分(アセットアロケーション)がすべての勝敗を決める
  • 資産分配を決定する「ひとつの大前提」
  • 資産分配を決定する「2通りの方法」とは?
  • 数字を入力するだけでリスクと期待リターンがわかる便利ツール
  • 資産分配の「キモ」は意外にも国内債券だった
  • 最悪の事態が起こったときの損失額を計算する方法
  • それでも心配な場合はどうすればいいか?
  • 投資すべきインデックスファンドはズバリこの3本!
  • 国内債券のインデックスファンドはどれがいいの?
  • あとはひたすら積み立てて寝かせて増やすだけ!
  • 楽ちんだけど、年に1回やった方がいいこと「リバランス」
  • 投資銀行の大物も「インデックス投資の勝利」を認めざるを得なかった

■第3章 おすすめの金融機関&口座開設の手順と気になるNISAとiDeCo
■第4章 始めるのはカンタンだけど続けるのは意外と難しい
■第5章 涙と苦労のインデックス投資家 15年実践記
■第6章 貴重情報! インデックス投資の終わらせ方

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く