「九九」は英語にもあるのか Is there the "kuku" also in English?

5799viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
どう言う? こう解く! 英語対訳で読む「算数・数学」入門 (じっぴコンパクト新書)

この本で一番大事なこと

本書は、小学校・中学校で学習した「算数・数学」の基礎的な内容を、平易な英語でスラスラ読み解けるように、できる限りやさしき記述しました。「算数・数学」のおさらいもでき、英語のおさらいもできる――そんな一石二鳥の一冊となっています。

①In japan it is normal to memorize, the "kuku" when in the second grade of elementary school.②”niningashi, nisangaroku,nisigahachi...,” we memorize it in the way the words, sound good.③Is there the "kuku" also in English?④ In English speaking countries, they don't devise how to say like the "kuku" of Japan to memorize the multiplication.⑤Like "two times two is four, two times three is six, two times four is eight...," they memorize by reciting as it is.⑥When you hear that, you might think, "Does multiplication take a lot of time for English speaking people?"⑦In fact, however, by continuing drilling, the answer "56" will flash instantly just by looking at the type face "7 times 8."⑧While Japanese are reciting "sitihagojyuuroku" a person who learned multiplication in English will know the answer quickly.

①日本ではふつう、小学2年生のときに「九九」を覚えます。②「ににんがし、にさんがろく、にしがはち・・・」と、語呂のよい言い方にして覚えます。③英語にも「九九」はあるのでしょうか。④英語圏の国では、日本の「九九」のように、言い方を工夫してかけ算を暗記することはありません。⑤「two times two is four, two times three is six, two times four is eight...」のように、そのまま唱えて覚えるのです。⑥そのように聞くと、「英語圏の人はかけ算に時間がかかるのではないだろうか」と思うかもしれません。⑦しかし実際には、訓練を積むことにより、「7×8」といった字面を見ただけで「56」という答えが瞬時にひらめくようになります。⑧日本人が「しちはごじゅうろく」と唱えている間に、英語でかけ算をきちんと身につけた人なら、さっと答えが分かるのです。

内容

  • Chapter 1 Arithmetic/算数
  • Chapter 2 Numbers and expressions/数と式
  • Chapter 3 Function/関数
  • Chapter 4 Figures/図形
  • Chapter 5 Use of Data/資料の活用

本のまとめカテゴリー


コメントを書く