時間の考え方が変わる

5656viewsta6ka4shita6ka4shi

このエントリーをはてなブックマークに追加
週40時間の自由をつくる 超時間術

時間にまつわる3つの勘違い

物理的に時間がない

  • 物理的に時間がないというのは思い込みで、実際のデータでも昔の人よりも労働時間は短くなっている
  • アメリカの調査では、自分自身が働いていると思っている時間と実際の時間には20時間ほど誤差があった
  • 細かい締め切りを設定することで対応できるが、「架空の緊急事態」「自身にプレッシャーがかかる」点で好ましくない
  • 自分は忙しくないことを認め、「忙しい」と発言することをやめる→データ的にも成績up

やるべきことが多い

  • ビジネスマンの2/3は1日の内1時間は仕事と無関係なことをしている
  • 作業量と生産性は反比例の関係
  • 作業量が多いのは正確な選択をできてない

忙しい人は仕事ができる

  • 忙しい人が仕事ができない3つの理由

  1.細かい作業が多くて集中力が続かない
  2.長時間の労働で脳の働きが下がる
  3.働きすぎて体調が悪くなる

  • 権力でも時間感覚が変動する(心の余裕による)
  • 時間を捨てて行動で管理しろ!

時間感覚を正す7つのフィックス

ゴールコンフリクトを正す

  • ゴールコンフリクト:運動したいけど仕事があるのような例
  • パターンと対策

  1.わかっているけどやらない→やるしかない仕組みを作る(youtubeを消す)
  2.思い込み→他社の問題と思い込む&問題が未来にはどう悪化しているか想像する
  3.無知→知的謙遜(無知の限界を把握する)

時間汚染を防げ

  • 時間汚染:常に時間に追われているような感覚になる
  • 対策

  1.時間で作業を切り替える
  2.TODOリストを優先順位順に
  3.使う脳を変えてマルチタスク

  • 注意
  1.全ての作業を同じ環境でやらない
  2.できなかった作業を溜め込まない
  3.1時間を超えて作業をしない
  4.整理整頓をしすぎない

呼吸を変える

  • 時間を使いこなせないのは不安とストレス→呼吸法で改善
  • 5つの呼吸法

  1.等間隔呼吸法
  2.腹式呼吸
  3.片鼻呼吸法
  4.カバーラバティ
  5.スダルシャンクリヤ

リフレーミング

  • 嫌な状況を前向きに解釈する
  • 実践

  1.深呼吸
  2.感覚のラベリング(時間のプレッシャーによる変化を確認)
  3.自分の感情をリフレーミング

親切

  • 心理学的にも他人のために時間を割いた方が、自分の時間を有効に使える
  • 注意

  1.自己犠牲してまで助けない
  2.一日一善より一週五善
  3.親切は1年に100時間まで(データ的にも)

スモールゴール

  • 不安とストレスが改善され、結果的にモチベーションアップになる
  • スモールゴールのポイント

  1.最長でも20分で達成できる
  2.成功率が80%のもの
  3.自分の達成度を記録したノートを作成(アナログ的に)

自然

  • 実験的にも自然を感じると時間的余裕が生まれる
  • 1日60秒の動画タイム
  • スマホの壁紙を自然の光景に
  • 15分だけ自然の中でぼーっとする

それでも時間がないあなたに贈るストレス対策

  • 一時停止リマインダー:一時停止マークをみて深呼吸
  • 背筋を伸ばす
  • 貧乏ゆすり
  • ガムを噛む
  • 動物の動画を見る
  • ハンドマッサージ
  • お笑い動画を見る
  • パワーナップ:短い昼寝
  • 休暇の計画を立てる

...

  • やってはいけないこと
  1.ギャンブル
  2.ショッピング
  3.タバコ
  4.酒
  5.食べ過ぎ
  6.ゲーム、ネット

職場の時間汚染に打ち勝つ働き方

通勤時間のストレスを防ごう

  • 通勤時間が長いことは色々な弊害がある
  • 在宅勤務ができるのであれば、在宅勤務の時間をなるべくとる
  • どうしても無理なら通勤を自転車に変えたりするのも良い
  • 通勤にストレスがない人は、なんのために通勤をしているか意識している(その日の目標に向かった準備)

仕事中の時間汚染に立ち向かうためには

  • 仕事での時間汚染の原因は、やろうと思っていた作業を途中で打ち切られることで起こる
  • プレップ・ドゥー・レビュー

  1.プレップ:深呼吸して自分に行動の目的、方法など(5つの質問)を問う
  2.ドゥ:実行
  3.レビュー:ドゥに対する反省など(5つの質問)を問う

  • ブレインストーミングするよりも個人でアイデアを出した方が効果的

自分の時間を取り戻す8週間プログラム

それぞれで記録を取ることが重要

1~2週:時間が伸びる感覚を味わう

  • タスクシフト

3~4週:乱れた時間感覚を整える

  • 障害ベースのスモールゴール
  • プレップ・ドゥ・レビュー

5~6週:時間を取り戻す準備を整える

  • コーピング・レパートリー
  • コンフリクト・リスト

7~8週:時間の呪縛から逃れる

  • 呼吸法
  • リフレーミング

8週~:時間を捨てる

  • 定期的に時間を捨てる
  • 感想

    時間というのを見直すことができる。また、論理的な改善方法が示されていて良いと思った。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く