子どもの食事づくりに奮闘している方の参考に

5882views摩天楼摩天楼

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭のいい子が育つ食事

脳を育てる食事と栄養

子どもの成長のそれぞれの時期ごとに気をつけてほしい栄養のポイントや手間のかからないレシピや調理のポイントが盛り込まれている。

育脳ってなあに?

子どもの脳の9割は6歳までに完成されてしまいます。脳の60%は脂肪でできており良質な脂肪を摂るようにする事がかしこい脳をつくる近道となります。そこで良質な脂肪とは何か?が述べられています。

乳児期・離乳期の食事

赤ちゃん期に摂りたい栄養素であるDHA。脳に十分な栄養がいくと読み書きの力が伸びるといった研究結果も出ています。そのDHAは魚に多く含まれていますがどのように摂取すれば良いかをレシピと共に紹介されています。

幼児期の食事

脳と体の発達のためにはタンパク質をしっかり摂取する事が大切です。そのタンパク質の質とは何が良質でどうやって見分けるか?また、タンパク質を簡単にとれるテクニックなどが紹介されています。

小学生 集中できる脳をつくる食事

脳を動かすのに必要なエネルギー源となるのは糖質です。吸収のスピードをいかに抑えるかが重要なのですがその上手な摂り方が紹介されています。

中学生 試験に強い脳をつくる食事

脳の活動を活発にするには今まで述べられてきた栄養素を上手に摂ることが大切です。そのために欠かせないのがビタミンやカルシウムなどのミネラルです。
それらが多く含まれる食材や摂取の方法が述べられています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く