ポーターを理解する

5328viewsまめ様まめ様

このエントリーをはてなブックマークに追加
〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

本書でいいたいこと

如何に業界内で独自のポジションを築き、他より儲けるか、を説明することが戦略
(あくまで1つの業界内の話であり、複数事業に関する「企業戦略」は別の話)

戦略の定義と競争環境の分析方法

戦略とは

・競争の中で、業界平均を上回る収益(ROIC)を達成するために、どのようなポジショニングをするかを説明するもの

競争とは

・競争には大きく2種類ある。
 最高を目指す競争→シェアや売上を負い、皆同じことをして、最終的に価格競争になって苦しむ
 独自性を目指す競争→他社とは違うやり方で、如何に儲けるかを競う(必ずしも売上やシェアが高いとは限らない)

競争優位とは

・業界平均を上回る収益を達成していること
  =相対的に高い価格、想定的に低いコストのどちらか、または両方を達成している

業界平均の収益性を分析するには

・以下の5つの競争要因が価格・コストにどう影響しているか分析する
  既存企業との競争、サプライヤーの交渉力、買い手の交渉力、新規参入者、代替品

自社の業界内での相対的収益性を分析するには

・バリューチェーンを用いて、他社と異なる活動は何か、それが価格・コストにどう作用しているかを分析する

優れた戦略の条件

①戦略の核として「特徴ある価値提案」と「特別に調整されたバリューチェーン」がある

・特徴ある価値提案:どの顧客?どのニーズ?相対的価格は?に答える
・特別に調整されたバリューチェーン:価値提案を実現するために調整された活動

②価値提案・バリューチェーンにトレードオフがある

・何かを万人に届けようとするのではなく、「何をやらないか」を選択する
・そうすることで、他社が追随できない優位を築くことができる

③価値提案の要素とバリューチェーンの要素が関係しあっている(適合性)

・価値提案とバリューチェーンの要素が以下のようなパターンで密接にリンクしている
  一貫性:価値提案と活動に一貫性がある
  補完性:活動同士が補完・補強し合っている
  代替性:ある活動を行うことで他の活動をしなくてよくなっている
・活動システム・マップというポーターのツールを用いると分かりやすい

④戦略に継続性がある

・戦略は一日にして競争優位をもたらすわけではなく、社内外の関係者が活動として実行するために時間が必要
・継続してこそ個々の活動が改善され、適合性が高まる
・将来が予測できない=柔軟な構え、は戦略ではない。情報が少ない中でも、将来について何らかの見解を持ち、それをもとに選択を下して初めて戦略でsる
・同じ価値提案を維持するからこそ、新しい技術や環境変化を用いたイノベーションが起こせる

その他(ポーターのインタビューより)

・最近はやりの「破壊的技術」という言葉におどらされるのではなく、その技術が相対的価格・コスト・バリューチェーンにどのような影響が及ぶのか、徹底的に見極めるべき
・ビジネスモデル=戦略ではない。ビジネスモデルは自社の価格とコストに主眼を置いているのに対し、戦略は自社の相対的価格・相対的コストに主眼を置いている
・ビジネスモデルは企業の存続性を分析するためのツール

感想

エッセンシャル版、といってもピンキリあるが、この本は本当にエッセンスをわかりやすく(ところどころ要点をまとめ、且つ、各章の関係性を説明)、今後の何度も読み返したいと思う、数少ない書籍でした。またこの本では言及できなかった点(例えば複数事業にまたがる「企業戦略」の話)も後段に「用語集」としてまとめてあり、そこを読むと「ポーターのこの本のここに書いてある」というようなアドバイスまで書いてあり、とても役に立ちます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く