ビジネスモデルを整理するフレームワーク

6881viewsまめ様まめ様

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

本書で言いたいこと

・ビジネスモデルキャンパスというフレームワークでビジネスモデルを図式化・整理できる

ビジネスモデルキャンパスとは

以下の9つの要素で、ビジネスをデザインするフレームワーク
・CS(顧客セグメント):想定顧客グループは誰か
・VP(価値提案):想定顧客にどのような価値提供をしたいのか
・CH(チャネル):顧客にどう価値を届けるのか
・CR(顧客との関係):顧客とどんな関係を構築・維持したいのか
・RS(収益の流れ):顧客からどうお金をもらうのか
・KR(リソース):必要な経営資源は何か(知的財産も含む)
・KA(主要活動):ビジネスを運用するためにやるべき業務は何か
・KP(パートナー):サプライヤー・パートナーは誰か
・CS(コスト構造):何に費用を払う必要があるのか

ビジネスモデルパターン

・アンバンドル:共存するべきでない複数のビジネスが共存している(例:プライベートバンク)
・ロングテール:ニッチ市場を多く扱う(例:自己出版プラットフォーム)
・マルチサイドプラットフォーム:1つのプラットフォームで複数の顧客へ価値を提供する
 (例:家庭用ゲーム機)
・フリー戦略:1つのプラットフォームで、ある顧客層に無料で価値提供し、他の顧客層に有料で別の価値提供をする(例:フリーペーパー)
・オープンビジネス:社外とコラボして価値を作り出す(例:InnoCentives)

ビジネスモデルをデザインするプロセス

・プロセス①リソースの結集:チームを組成し、目標や計画を決定
・プロセス②理解:フレームワークをデザインするための情報収集
・プロセス③デザイン:ブレインストーミング、プロトタイピングし、実行するビジネスをデザイン
・プロセス④実行:実際にビジネスをローンチする
・プロセス⑤管理:ビジネスモデルを継続的に評価し、環境に合わせてリファインしていく

感想

本書は論理立てて方法論を紹介する堅苦しい本ではなく、「ビジネスをデザインする」というメッセージを全面に押し出した点が面白いと思います。本自体も図が多く入っており、文字をいちいち読まなくてもだいたいわかり、読書をしているというより、図鑑を読んでいるような感覚で読めます。今回のまとめにはフレームワークのエッセンスしか書いておりませんが、実際の本には様々な企業の事例と、実際にビジネスデザインするためのツール、チームでブレストする方法論など、とても実用的な内容が多く入っております。1度読んで終わりではなく、実務で参考書として使うこともできるかと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く