脳研究への関心が高まる今日、その興味を倍加させるカンフル剤となりうる一冊!!

7935views22世紀アート22世紀アート

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳の蘇らせ方: ルイケ式活性化強脳法 (22世紀アート) [kindle版]

「脳の細胞は、その内側と外側からと同時に刺激を与え続けると、その刺激の量に応じて、細胞の一つ一つが電気を与えられて生きもののように動き始めるようです」(本文より)

脳を活性化させるための、著者独自の方法論『ルイケ式』を徹底解説!!

著者自身の経験から脳の活性化に有効な方法を「外側からの刺激」と「内側からの刺激」の両面から解説。そのどれもが日常的に実践できることばかりなので、忙しい人でも実践可能。すぐに効果を得るのは難しいが、信じて続ければ、きっとあなたの脳もバージョンアップ!!

脳研究への関心が高まる今日、その興味を倍加させるカンフル剤となりうる一冊!!

【目次】
まえがき
◇外側からの刺激
◇脳の機能の変化
 ・記憶力の変化
 ・回転のスピード、判断力の変化
 ・そのために仕事がしやすくなったお話
 ・目に関する変化
 ・勘の働きの変化と仕事の進め方の変り様
 ・物忘れ、うっかり忘れが大幅に減る
 ・言語の機能の変化
 ・運動能力の変化
 ・筆記力・字体の変化
◇内側からの脳の刺激の仕方
 ・暗算で掛算
 ・記号化
 ・視覚からも記憶をサポートするためソロバンを利用
 ・『継続は力なり』、あとは根気だけ
 ・計算の進め方
 ・3桁同士の暗算例
 ・21桁の暗算例

著者プロフィールーーーーー
類家 玄二朗(るいけ・げんじろう)

一九四〇年青森県八戸市生まれ。
タイヤーメーカーに二七年勤務。五〇歳で木材商社に再就職。三年半勤務して退職し、現在に至る。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く