おかしいじゃないか。世の中、実力主義のはずじゃなかったのか?

6535viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

この本で一番大事なこと

第一に、これは、「実力主義」の欺瞞を暴く本だ。

年功序列が崩壊し、男女平等が実現し、インターネットによって、誰にでも平等にチャンスが与えられるようになり、誰もが、本当の価値、本当の実力で評価される世の中になってきている。

そんなことを言う人たちが、どんどん増えてきている。

それが本当なら、まったくけっこうなことだ。

しかし、現実は異なる。
自分よりも実力のない人たちが、自分よりも評価されているなんてことは、いくらでもあるのだ。
おかしいじゃないか。
世の中、実力主義のはずじゃなかったのか?

なぜ、自分よりも実力のない奴らが、自分よりも評価されてしまうんだ?

本書はそれを明らかにする本なのだ。

第二に、本書は、成功法の本だ。ただし、そこで語られるのは、「世の中、実力主義になんてなってない」という身も蓋もない現実を踏まえたうえでの、リアルな成功法だ。

具体的には、思考の錯覚を理解し、錯覚資産の生成・操作・運用方法を理解し、有害な思考の錯覚を取り除くことで、仕事や人生において成功確率を、飛躍的に上げる方法を書いた本だ。

内容

  • おいしいのは「正しいとしか思えない間違っていること」
  • 自分はハロー効果に騙されないと思っている人が騙される理由
  • 学生と社会人では人生ゲームのルールが根本的に異なる
  • 誰も卑怯と気づかない卑怯なやり方が最強の勝パターン
  • 運ゲーで運を運用して勝つ方法
  • 優秀な人間が運に左右されずに成功する理由
  • 食欲でも睡眠欲でもない、性欲よりもはるかに切実な欲望
  • なんでも悪く解釈される人と、よく解釈される人の違い
  • ダメな奴はなにをやってもダメという呪いの正体
  • 自分の意思で選択しているとしか思えない
  • 成果主義という名のインチキゲームの裏をかいて勝つ方法
  • 幸運を引き当てる確率を飛躍的に高くする方法
  • 思考の死角に潜む悪魔の奴隷から主人になる
  • 美しき敗者と醜悪な勝者、どちらになるべきか?
  • 有能な人と無能な人を即座いに見分けられるのはなぜか?
  • 自分は公平だと思ってるえこひいき上司の脳内
  • 欺瞞が錯覚を大繁盛させる
  • 思考の錯覚のまとめ
  • 錯覚資産を雪だるま式に増やしていく方法

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く