決して非現実的ではない。明るく、豊かな日本の未来。

7415views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
2040年の日本 飛躍する日本の豊かさ

従来の議論をくつがえし、さまざまな提言を行う。
これから生まれてくる子ども達が羨ましいような
明るく豊かな"日本像"がそこにはある。

悲観的な意見が多いなか、データを分析して、人口が増加し豊かな日本になることを予測する。
◎日本の人口が100年以上減少し続ける確率は低い。
◎日本の人口を増加(一定規模維持を含む)に転じさせる目的で、現実困難と思われるほどの特別な政策の導入は必要ない。必要なのは経済の活性化。
◎江戸時代を適正な人口規模とするといった近代否定論に同調しない。
将来の人口がどのようになるかを事実として確認することはできない。そのことは、人口が増加に転じるという予測だけでなく、人口が減少し続けるという推計についても同様だ。
著者が他の意見に不満を持つように、著者以外の大勢の人々は著者の意見に納得ができないことであろう。できることなら、より多くから不満を持ってもらいたい。そうした人に本書を読んでもらい、ごく少数の人であっても、納得のできる内容だと思ってもらいたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く