みんなの「ありがとう」がお金になって返ってくるんだ

7357viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
億万長者の教科書

この本で一番大事なこと

「どうすれば億万長者になれるんですか?」

たくさんの人が僕にそう尋ねてくる。それに応えて、僕は「億万長者 専門学校」というセミナーや著者で、億万長者になるためのノウハウを伝えてきた。そして、これまで多くの人たちが、ゼロから億単位のビジネスを築き上げるのを見守ってきた。

ところで、そもそも億万長者って、どんな人だと思う?

僕にとって、億万長者ってとは、ただお金をたくさん持っている人のことじゃない。
お金を持っていることは、その人の幸せに影響を及ぼす要素ではあるけど、それさえあれば幸せになれるという、幸せの十分条件ではないよね。

いくらお金があって、好きなことが自由にできても、心に悲しみと不安と苦しみ、誰かを許せない気持ちがあったら、その豊かさや自由には何の意味もない。

僕の考える億万長者の条件は2つある。

ひとつは、たとえ持っているお金がゼロになったとしても、そこからまた何度でもお金を生み出す力を持っていること。
もうひとつは、どんな状況でも幸せを感じ、充実感を持ち、ワクワクして生きているということ。

重要なのは、どれだけお金を持っているかではなく、お金を生み出す力があるかどうかだ。
今日、破産して一文無しになったとしても、5年間あれば、特別なコネクションがなくても億単位のお金を生み出せる人、それだけの価値を提供できる人が億万長者だと、僕は考えている。

なおかつ、そのお金や自由な時間、人脈、健康など、自分が持っているものすべてを幸せでワクワクするような感情につなげられる人。

それが、僕が理想とする「幸せなウキウキ億万長者」の定義なんだ。

この本には、ある意味、当たり前のようなことが書いてある。
しかし、その当たり前は成長の、あるステージでは、当たり前で、次のステージでは全然違っていて、また次の次のステージあたりで、また大切なことになったり、また当たり前になったりする。

だから今の読者のステージで当たり前だと思っても、また共感できなくても、いずれ成長のクエストの中で、また、当たり前に戻ってくることもある。成長は、右回転、左回転の繰り返しだったりするが、本書は、「価値を生み出すウキウキな億万長者」のなり方のステップバイステップを伝えるために書いた。

内容

  • 億万長者ってどんな人?
  • 億万長者への4ステージ&10レベル
  • 自分のタイプを知ろう
  • ウキウキ億万長者と貧乏人は、一見そっくり?!
  • 各ステージでの学び方と気づき方

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く