落ちこぼれだった私にもできた。だったら、あなたにもできないわけがない。

9205viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営

この本で一番大事なこと

(1)まず今日の今日から、人との信頼関係の輪を広げる活動に着手しましょう。その中でコミュニケーション能力も高めていきましょう。

(2)機会を捉えて、今いる会社での採用活動に関わっていきましょう。そこで培った、人を見る目こそが、未来のあなたを助けてくれることになります。

(3)また、起業した際に仲間になってくれる人たち、メディアの人たちに魅力的に思ってもらえるよう、今日の今日から、いま現在いる職場で、あるいは転職先で、伝説の社員と呼ばれるほどの大きな成果を上げる活動に着手しましょう。

(4)同時に実地にマネジメントを経験することで人のマネジメント能力を身につけていきましょう。

(5)常に並行して、何をやっている時にも、鵜の目鷹の目でキャッシュエンジン事業のタネを探し続けましょう。キャッシュエンジン事業とは、流行り廃りに左右されず、同時に間違いなく安定的・恒常的に売れ続ける事業のことです。

(6)キャッシュエンジンのタネらしいものを見つけたら、アルバイトや現在の仕事の中で試す形でテキストマーケティングを行いましょう。あるいは小さく試すことができる場合、まずは一店舗展開してみるなどの方法で小さく試してみましょう。

(7)(6)のテストマーケティングによって実際に試すことで「これは本当のキャッシュエンジン事業たりえる真の金の卵だ」とわかったら、すなわち、流行り廃りに左右されず、同時に間違いなく安定的・恒常的に売れ続ける事業だという検証が済んだら、仲間を増やすなり、多店舗展開を開始するなりしてその事業を大きくしていきましょう。

(8)そうなったら、それまでに培った信頼関係の輪の中から同志を募りましょう。キャッシュエンジン事業を拡大していく中で組織を強固なものにしていきましょう。

(9)(8)の事業を丁寧に育てていきましょう。そこから得た潤沢なキャッシュフローを元手に、スケールできる事業の開発・運営に乗り出していきましょう。

あなたのキャッシュエンジン起業の物語は、この本を閉じた、まさにその瞬間からもう始まっています。

内容

  • なぜベンチャー起業の失敗は繰り返されるのか?
  • 誰をバスに乗せるか
  • そしてビジョンが生まれた
  • ビジョンという名の羅針盤
  • ベンチャー企業の採用戦略
  • ベンチャー企業の面接戦術
  • 部下を一人前まで育てる
  • プレイングマネージャーの憂鬱
  • 組織を動かすマネジメント
  • 組織を動かす「仕組み」のつくり方
  • あなたの後継者を育てる
  • 「人を動かす話し方」はすべてサイバーエージェントで学んだ
  • 創業をする時の卓越した事業の見つけ方
  • 起業を志すすべての人が今日からやるべき「あること」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く