失敗しても、そこから小さな一歩を踏み出せばいい

8187viewsトモコトモコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
起業1年目の教科書

この本で一番大事なこと

★成功者の思考方法が身につきます!

本書で得られるものは、起業で成功している人が持つ「階段思考」です。

どこから読んでも良いように書いていますので、あなたが悩んだとき、迷ったときには本書を開いてください。
一度に読む必要はなく、一歩が見つかったら即行動です。
さぁ、目次を開いて、読みたいページを探してみてください。

内容

■起業を思いついたら

  • ありきたりのアイデアでスタートする
  • なんでもいいから「最初の1歩」を踏み出す
  • 夢はなくてもいい
  • リスクを取らずにスタートする
  • 最初は目移りしていい
  • 世の中に求められているか気にしない
  • ビジネスモデルは後から考える
  • 身近な人は応援してくれないものと考える

■起業までの準備

  • まず時間を確保する
  • 今の仕事を8割の時間で終わらせる
  • お金の不安を最小化する
  • テスト用の予算を用意する
  • 今の会社でテストする
  • いつでも復活できる条件を作る
  • 退職までに伝説を作る

■ビジネスプランを立てるには

  • 5分で目標を仮決めする
  • わがままな目標を立てる
  • 愛のある売上目標を立てる
  • おおらかにお金の流れを見る
  • 数字に弱くていい
  • お金以外で安心を手に入れる
  • 失敗の回数を決めてスタートする
  • 考えが堂々巡りしてもいい

■商品をつくるには

  • お金をかけずに試作してみる
  • オリジナル商品にこだわらない
  • 絞り込めなくてもよい
  • 商品開発に他人を巻き込む
  • 最初は「将来の自分」を売る
  • スキル不足を回数で補う
  • ウリがなくても始める

■価格を設定するには

  • 自分の都合で価格を決める
  • 商品を提供するのではなく、価値を感じてもらう
  • 価格を上げる理由をコツコツ作る
  • 値引きはいつでもできると知っている
  • 安い値段でも最高の仕事をする

■マーケティングとセールスを行うには

  • まず仲間を増やす
  • 最初の1件を大事にする
  • 接近戦に持っていく
  • 商品がなくても情報発信する
  • 最初は効率を度外視して集客する
  • ITに弱くてもいい
  • 反応を正しく把握する
  • 健全な下心を持つ
  • 100点が無理なら部分点を稼ぐ
  • 売れている人をバカにしない

■成功する起業家の時間術

  • 最初はあえて限界まで忙しくしてみる
  • 1日を記録する
  • やる気のない前提で1日の計画を立てる
  • 今日1日の仕事に集中する
  • 地味な作業から価値を生み出す
  • 準備に時間を減らしていく
  • 情報をスピード処理する「箱」を持つ
  • エネルギッシュに働ける時間を増やす

■チャンスを最大限に活かす

  • チャンスにはまず乗ってみる
  • お金を使う基準を持つ
  • 1割の成功を活かす
  • 「必ず元を取る」と決める

■起業家のチームづくり

  • 「助けてくれる人リスト」を作る
  • 応援をしっかり受け取る
  • 有力者にかわいがってもらう
  • 売れないときから人に任せる
  • こだわらずにチームを作る
  • 人に頭を下げる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く