太陽の季節 石原慎太郎

9972views韓非韓非

このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽の季節 (新潮文庫)

石原慎太郎が無名の時代に描いた小説である。無名にも関わらず世の中に影響を与え、反発するものにもどちらにも関わらず話題作となった。この小説により石原慎太郎は一気に知名度を上げる。戦後、日本は経済成長により物質的に豊かになり戦前とは違う価値観を持つ若者が増えた。この小説により太陽族と呼ばれる人が出現し、大衆の若者にも影響を与えた作品である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く