団塊世代の企業戦士に捧げます

8957viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
定年オヤジ改造計画

一流大学、一流企業に就職し、その会社を定年退職して、その後は、悠々自的な生活を期待していた、常雄を待っていたのは、妙につれない妻、十志子と、アラサーでキャリアウーマン、独身の娘百合絵の辛らつな対応だった。自分の何がいけないのか、わからない常雄に、十志子の心はどんどん離れていく。
そんな常雄にも転機が訪れる。孫の保育園の送迎を頼まれたのだ。息子の嫁、麻衣が仕事に出るためには、保育園に預けるのが必須なのだが、どうも時間的な余裕がないという。お迎えして、息子の家で、嫁の帰りを1時間ほど待つだけと、簡単な様に言われるが、全く子育てに家事をしてこなかった、常雄には、かなりハードルの高いお仕事だったが、、

感想

そこまで、子育ては辛くないかな。多分私は適当だからかなー。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く