1分で読める「なぜ,あの人の周りに人が集まるのか?」

7166viewskanainakakanainaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」 [kindle版]

まとめ(ほんの1部)

  • 洒落で『飽きないから商い』なんて言う人もいる.秋に収穫した作物を売ったので,『秋に行う』が転じて『商い』という説もあるらしい.
  • なぜ,物が売れないかというと,買う人の心が読めないから,見えないから。ところが,売る人は,買う人でもある。なのに,売る側になったとき,なぜかそのことを忘れてしまう。人の心を知るには,まず,自分の心の内側を見つめることが大切
  • 頼まれてから「動く」のではない.頼まれてからでは「当たり前」になってしまう.頼まれる前に「気づく」ことで,人の心に響く.
  • マニュアルとは,「ここからなにができるか」という最低限の線である.
  • 感想

    あるコンビニで働く副店長の女性と60代のオバちゃんのストーリー.
    客足・売上が下がる中,オバちゃんのノロノロ行動にイライラする副店長の女性.しかしオバちゃんの様々な"おせっかい"を少しずつ学び,それを受け入れていくことで,コンビニも少しずつ繁盛し成功していくとうストーリーです.
    全体的にストーリー仕立てで,読み進めていく中で,人生を好転させるためのヒント・ノウハウを学ぶことが出来ました.特に"マニュアルとは「ここからなにができるか」という最低限の線"という文言.最近のお店や会社ではマニュアル通りに仕事を進める(あるいはそう求められる)ことが多いかと思います.しかしそうではなく,マニュアルは"標準"であり,最低限満たすべく内容.そこから自分で考えて,より良いサービス・仕事をこなすことが大切だと感じました.

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く