実際に不動産投資を行っている方が書いているので実践的

7099viewsharaitasennseiharaitasennsei

このエントリーをはてなブックマークに追加
1日30分で年4000万円稼ぐ! スマホ1台でらくらく儲かる不動産投資法

不動産の仕事の経験は未経験からゼロから不動産投資を始めて、現在、東京都・
城東地区に集中して7棟の不動産を保有。自主管理だが、ほぼ満室をキープ
している小林ヒロシ氏の不動産投資法を紹介しています。

色々な本を読んでいますが、より実践的で分かりやすかったです。実際に
不動産投資をやってみようと思うと、不動産を紹介してくれる会社などが
ありますが、この本では賃貸管理に必要なプロセスを仕組み化し、自分自身が
オーナーの責任をもって管理しています。

章立ては以下の通りになっています。
第1章スマホ1台でらくらく不動産投資
第2章物件探し方 集中させるから管理が楽になる
第3章入居者の集め方 スマホ集客の「仕組み」をつくる
第4章物件の管理法 コストをかけず収益を上げる
第5章利回りの改善 無駄を見つければ、もっと儲かるようになる。

どういった基準を持って物件を選ぶのかが重要になってきます。
あくまで自身が管理するのであれば、収益物件は半径5㎞圏内に集中させる。
1人で管理できる物件数は50件程度になる。良く見に行ける物件であれば
日中・夜などの良しあしもわかっていきます。
投資する物件の向きや、立地条件・小規模など細かいポイントまで
解説されています。

空室率ってよく聞きますが、大きく分けて3つあることを知りました。
①時点ベースで計算する空室率
②稼働ベースで計算する空室率
③賃料ベースで計算する空室率
特にキャッシュフローベースで考えられる所であれば、委託しても
安心感があるとのことでした。
実際、自分の住んでいる地域で空室率を検索すると色々出てきますね。
参考にするべきところ、見るべきところが分かる気がしました。

感想

これを読むと、実際に始めれる気がしますが、実際物件をどうやって買うのかが
詳しくなかったのが残念でした。そこは自分で考えてくれって感じでしょうが。
最大限に利益を上げるには委託せず、自分で動いてコストを下げてこまめに対処する
これが重要なんですね。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く