複雑で変化の早い世界において、理論的な分析だけでは的確な判断は下せない。

8125viewsrikacrikac

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

なぜ「美意識」を鍛えるのか?

「分析」「論理」「理性」に軸足を置いた経営(いわゆる「サイエンス重視の意思決定」)では、複雑で不安定な世界におけるビジネスの舵取りは困難になっている。
複雑で動的な世界において的確な判断を安定して行うために「美意識」が重要といえる。

これらが困難とする理由は3つ。

1. 論理的・理性的な情報処理スキルの限界が露呈してきている

要因は2つ。

分析的・論理的な情報処理スキルを持つ人が増えたことによる正解のコモディティー化

  • 正しく理論的、理性的に情報処理をするということは、他人と同じ正解を出すことになる。
  • それは必然的に、差別化が消失することになる。

分析的・論理的な情報処理スキルの方法論としての限界

  • 論理的な分析や思考方法は、単純化された静的な状況に対しては効果的だ。
  • しかし、昨今の複雑かつ動的な状況に対しては機能せず、いつまでたっても意思決定が行えない状態に陥る。

このような複雑かつ動的な状況においては、全体を直感的に捉える感性と「真・善・美」をもった打ち手を内省的に創出できる構想力・創造力が必要。

2. 世界中の市場が「自己実現的消費」へと向かいつつある

経済成長に伴い生活水準が向上し、人の欲求が変化している。
生きたい(生存欲求)、安全に暮らしたいという欲求(安全欲求)に始まり、集団に属したいという欲求(帰属欲求)を経て、他社から認められたい欲求(承認欲求)になり、最終的には自分らしい生き方をしたいという欲求(自己実現欲求)になってきている。
人の承認欲求や自己実現欲求を刺激するような感性や美意識が必要になる。
企業やリーダの美意識の水準が企業の競争力を左右することになる。

3. システムの変化にルールの制定が追いつかない状況が発生している

変化が早い世界において、後追いでルールを制定せざるを得ないような状況が発生している。
実態に即していない状況に対して、既存のルールのみを基に判断を行うと倫理を踏み外す危険性がある。(Livedoor, DeNA の不祥事が一例)
このような状況で高品質な意思決定を継続的に行うためには、内在的に「真・善・美」を判断するための「美意識」が必要になる。

感想

冒頭に概要が丁寧に書かれているため、そこから補足を行う構成になっているため、気になる部分のみを読み進める事ができて読みやすかった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く