夜型生活を朝型生活に変えるには?

7909viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
まんがでわかる! 元気が出る睡眠 [kindle版]

この本で一番大事なこと

朝、起きられない

いくら寝ても疲れがとれない

ぐっすり眠れない

これから始まるのは、そんな「眠り」の悩みから

あなたを解放するお話です。

◆知識を行動に、行動を習慣に

睡眠やその悩みの形、深さは百人百様です。
同じ不眠症でも、寝る前にスマートフォンを見なくなっただけで眠れるようになる人もいれば、本書で紹介してことを全て行ってもすぐには結果がでない人もいます。
ただ、本書でお伝えした地市区は、効果の大小に個人差ははありますが、日常生活に取り入れることで睡眠の質を高めることにつながるのは紛れもない事実です。睡眠の質や量に不安がある方は、ぜひできることを行動に移してみてください。

そして、何より重要なのは、知識を行動にし、行動を習慣にする強い意志です。

◆支えになる人と一緒に行動する

知識を行動に移し始めても、症状が重くてなかなか結果が出ないこともあります。
そんなときに、話を聞いてくれる人がると、正しいと思っていた対策に勘違いがあったと気づくこともありますし、まんが本編にもあるように、うつ病と不眠症状に関連があるという精神面からも、支えになってくれる存在は症状改善の大きな助け舟になってくれます。

本書をきっかけに、睡眠を改善したいと思った方は、ぜひご友人などと一緒に知識を増やし、行動に移していただければと思います。

内容

  • 朝すっきり起きられないのはなぜ? ―かくれ不眠を疑え
  • 睡眠の質を下げるNG習慣を知る ―普段の何気ない行動が快眠を遠ざける
  • 寝つきを見直す ―スムーズな入眠が眠りの質を高める
  • 体内時計を整える ―やる気も集中力もリズム次第
  • 極端な短時間睡眠は病気を招く ―睡眠不足と心身の病気
  • ほどよい疲れが快眠の源 ―スポーツと睡眠の深イイ関係
  • 超多忙・不規則生活でも睡眠の質を保つ方法 ―緊急時のお助け快眠術
  • 知識を習慣に変える ―「知る→行う→習慣づける」の黄金サイクル
  • 感想

    まずは太陽の光をしっかり浴びること!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く