戦争論 下 クラウゼヴィッツ

7953views韓非韓非

このエントリーをはてなブックマークに追加
戦争論〈上〉 (岩波文庫)

戦争論 下がなかっためにここで簡潔な感想を書く。この書物は孫子の兵法と違い岩波文庫というのもあるのかもしれないが非常に難解だ。それに加えて訳された文が読みにくい。読解力と忍耐力が課せられる本であり読み終わるのは長いのもあるが困難かもしれない。しかし戦略思想を学ぶ上では確実に必読書である西洋は、戦争論、東洋は孫子と言われる事もある。戦争は政治の延長戦にある。この基礎的な事が第一次世界大戦と第二次世界大戦では各国で忘却されていたことによる悲劇なのかもしれない。

戦争論〈上〉 (岩波文庫)

戦争論〈上〉 (岩波文庫)

  • クラウゼヴィッツ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く