口ベタなあなたを救うしゃべる名刺

6958viewsキタジキタジ

このエントリーをはてなブックマークに追加
口ベタなあなたを救う しゃべる名刺

第一章『相手の反応がいい名刺、悪い名刺』まとめ

●相手に渡しても反応が悪い名刺の例

  • 伝わってない
  • 興味がない
  • 信じられない

いい名刺は最強の営業ツール。反応がいい名刺のこと。

いい名刺を渡すことによって

  • 「承認」覚えてもらえる
  • 「共感」興味を持ってもらえる
  • 「感動」長くつきあえる相手と信用してもらえる

相手にこういった反応を起こすのがいい名刺

第二章『しゃべる名刺をつくるあなたへの大事な質問』まとめ

名刺に掲載すべきサービス・商品とはなにか?

「入り口」なる商品やサービスはひとつでいい

「絞り込みシート」(本掲載)で、サービス・商品を絞り込む作業をする

名刺を配る相手を絞り込む

「理想のお客様」を見つける

業種、地域、立場など……

「お客様探求シート」(本掲載)で理想のお客様像をはっきりさせる

第三章『お客様との距離を縮める「しかけ」はこうつくる』まとめ

相手との共感を生み出すために掲載するプロフィールを考える

自己開示。名前、年齢、趣味、出身校、特技など→シートあり(掲載)

新しい肩書きを考える

自分の強みを掛け合わせた肩書きを考える→シートあり(掲載)

第四章『「しゃべる名刺」の作り方を徹底解説!』まとめ

しゃべる名刺は8面。
その構成や掲載する内容を解説。

第五章『マイ浪花節が感動を生む!』まとめ

名刺に掲載するストーリーは「浪花節」
苦労した話、義理人情に関する話が受ける

第六章『名刺交換の極意』まとめ

相手の心理的バリアを突破するための「ページング」(=相手との共通点づくり)
服装・小物、話す言葉のトーンを合わせる

名刺交換のコツ

  • 誰に配るか→「理想のお客様」
  • 場所

第七章『しゃべる名刺』の魅力を語る

体験談

感想

「しゃべる名刺」自体は、職種業種によっては浮く場合はあると思いますが、第一章~第三章は自分で名刺を作る立場(フリーランスや自営業)の人にとって参考になると思います。

☆こんな人向け☆

はじめて自分で名刺を作る人
地域密着型の商売をしている人
ストーリーのあるものづくりをしている人
顧客・クライアントの年齢層が高めの人

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く