出来るところから少しずつ。私も健康になれる!

5136viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
「体質だから」と諦めていた体調不良が治った!5つの習慣改善 [kindle版]

この本で一番大事なこと

この本は著者が不健康な状態を脱した経緯を記した体験記です。
十代の若いころから体調不良に悩んでおり、文字通り「いつも」どこかに何かしらの不調があったので、「この体調不良は体質なんだ」と考えていました。

具体的な症状としては、

「吐き気」
「眠気・寝起きの悪さ」
「気分が悪くなる」
「頭痛・生理痛」
「アトピー性皮膚炎・かゆみ」
「ひきやすく治りにくい風邪」

ほんの一部を書くだけでも、これだけの症状に悩まされていました。それも、本来ならば青春を謳歌している十代~二十代始めの頃の話です。

簡単に言うと、体調不良により何事においても常にマイナス地点からのスタートになってしまいました。持てるエネルギーの大部分は不調に奪われていました。

そして一度「不健康」を経験しているからこそ、健康の有難みを強く感じています。何をしても疲れませんし、高いパフォーマンスを発揮できるのです。朝から晩まで活動的に過ごせるようになって生活の密度が高くなりました。そのおかげで、確実に人生が好転してきていると感じています。

このような理想的な状態になるまでに変えたことは、「毎日の習慣」、これだけです。
まだ体調不良に悩まされていた頃のある日に、「このままではまずい」と心の底から気づいてからというもの、その時々で少しずつ習慣を変化させてきました。

「不健康になる習慣」を「健康になる習慣」に変えたのです。

そして健康になれました。

著者は医学や健康に関する専門家ではありません。そのため、この本では専門的なアドバイスをお伝えすることはできません。

では何故この本を書いたのかというと、かつての私のように体調不良で悩んでいる方に、「自分も健康になれる」という可能性に気づいて欲しいからです。「健康状態は自分の在り方が作り出す様々なものの中の一つに過ぎない」ということを確信しています。

健康で充実した日々を送る第一歩を踏み出すために、この本が助けになれば嬉しいです。

内容

  • 白砂糖を排除する
  • 白米を玄米に替える
  • 運動する
  • 病院に行かない・薬を飲まない、使わない
  • 早起きする
  • 現在の私の生活
  • 感想

    コップ1/4の砂糖はすごいなー、と思いつつ。
    ここまで不健康でなくても、何かしら、ここは健康じゃないなーと思うところがあるかもしれない。そんなとき、この習慣が身についているか、再度確認。意外と取り入れるのが難しかったりすることもあるかも。でも、完ぺき主義にならず、できるところからでいいんじゃないかなー。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く