理詰めで考えて行き詰まっている起業家・ビジネスマンにオススメ

4990viewsmarumaru

このエントリーをはてなブックマークに追加
たまご社長が教える運をつくる仕事術: 「運のメカニズム」を知って幸せになる!

長時間労働と理系的、ロジカルな考えに行き詰まった時に出会った一冊。
著者は、会社経営の傍ら40代から霊の存在に気づき、向き合っている。

量子力学の物質の二重性、これを人に当てはめると自分という存在も波、念・エネルギーも波。

生きている人・亡くなった人など様々な人々からのさまざまな波とどう向き合うか?どのように対処していくか?がこの本。

感謝と懺悔

感謝

先祖への感謝・家族への感謝から始める。忙しく真剣に仕事に向き合っているつもりが、深刻になり暗い顔・不機嫌な顔を家族に見せてしまっていないだろうか?自分の不機嫌さ・暗さが家族の健康を蝕んでいる。先祖に感謝し、家族に明るく・快活に向き合ってみること。

懺悔

恨まれていないと思っていても、ビジネスは競争。
自分が勝てば、誰かが負けたということになる。
そのような競争相手への謝罪・懺悔。こちらに非がなくても、謝る。心の中で謝るだけでも良いとのこと。

具体的な行動

  • 他人を褒める
  • 寄付やボランティア
  • 朝日を浴びて、先祖に感謝で一日を始める。一日の終りには、その日の自分の言動を振り返り、悪い言動をしていたら、心の中で謝る
  • 感想

    この世は、理系的、ロジカルな考えだけで成り立っている訳ではない。「感謝」の心を持って、少しでも「明るく」「快活に」を意識して過ごして行こう。「不機嫌さ」「暗さ」では何も解決できないのだから。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く