自ら学習する子どもになる育て方

5345viewsたくっくすたくっくす

このエントリーをはてなブックマークに追加
わが子の「自ら学習するくせ」を育てる  親の上手な「促し方」 (DOBOOKS)

どの家庭でも直面する子どもの自発的な勉強。
親はどうしても子どもに口出ししてしまう。自分も子供のころは嫌だったのに・・・。

塾代表でもある著者が自ら勉強をする子供にどうやったら育つのか。そのヒントが満載の一冊です。
うちの場合、子どもは中学2年生と小学6年生。
自分の部屋を持ち、自学しているはずと親だけは思いこんでいる今日この頃ですが。本当のところは・・・。

勉強に興味を持たせること。そして興味を持ったことにうまく親は背中を押してあげながら、フォローをしていく。一緒に勉強をする。逆に子どもに教えてもらうなど、著者ならでは視点から様々なアプローチ方法を展開しています。

中でも参考になったのは、
夏休みの宿題は一気にやらない。夏休み明けの勉強習慣がなくなる。
片付け上手は勉強も伸びる。親も一緒になって片付けをする時間をつくることがポイント。
掃除、洗濯物たたみなど、家事を一緒にやる。そのなかで気づかせいく。

本当に日常生活のなかから、自発的に動ける子を育てていくということがわかる一冊です。

感想

改めて目からうろこの一冊です。子どもと向き合う時間の大切さ、そして家事を一緒にする大事さ、
当たり前のことが一番子供にも重要なんだと実感しました。親も変わるきっかけになる本でした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く