心身の充電は完了していますか?

2389viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
今まで読んだ引き寄せ本が10倍活用できる引き寄せ講座: 引き寄せを正しく理解した途端、マンションが3日で売れた、7年落ちの中古のテレビが新品の価格で売れた、駐車場がタイミングよく空くのは当たり前になった [kindle版]

この本で一番大事なこと

この本は引き寄せの法則に興味を持っている方や、既に実践されている方に向けて書かれています。既に実践されている方なら感じているかと思いますが、どの本も法則の核心の部分は同じです。ただ事例や表現が筆者によって大きく異なるので、読み手によってはしっくりこない場合もあると思います。

「知っている」だけで「理解」できていない。「知っている」だけで「しっくり理解できた」わけではない。中々結果が伴わない方は、単純におまじないのように形式的に実践していたに過ぎなかったのです。
これでは思うような成果を得られなくて当然です。

この本を読んで「引き寄せ」について理解が深まったら、是非本棚にある引き寄せ本を再読してみましょう。心の芯に届くような理解や新たな発見に驚くことでしょう。また、これまで願いを正しく実践できていた方は、この本の内容を理解し、実践することで、どんどん願いが届けられるようになると思います。

しかし、大前提となることが伴っていないと効果はありません。スマホを例に例えると、
・スマホのバッテリーの電気は残っていますか?
心身ともに充電切れのような場合は、願いどころではありません。まずは余裕ができるまで急速することを優先してください。まずは、気力・体力の充実を願って下さい。

・電波は届いている状態ですか?4G?Wi-fiどちらがつながっていますか?
ネットが繋がっていない状態では願いは送信できません。それは意識(顕在意識)が強い状態と言えます。顕在意識が強いと電波が混信うぃ、受信感度が弱く繋がりにくい状況と置き換えて想像すると良いでしょう。あれこれ考えているときは受信状態が悪くネットに繋がりにくく、潜在意識が強い時(感じている時)は受信状態がよく繋がっているといえます。
感じるとは、肌に感じる温かさや肌触り、におい、音などの5感、そして何より大事なのは、自分自身の心を客観的に見て感じている時が繋がっている時です。熱い、寒いなど心にも常に状態があり、それを感じましょう。

ネットに繋がったらさっそくあなたなの願いを送信しましょう!そして願ったことを忘れてしまうくらい何か新しい刺激を脳に送り込みましょう。それが手放しです。そして身の回り全てのことから感謝を見つけましょう。

内容

  • 「願い」について
  • 「手放す」について
  • 「願い、手放した後」について
  • 感想

    引き寄せの総括本。これをみて、自分が以前購入した引き寄せの本を再読してみると、また違った発見があるかもしれません

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く