淮南子の思想

2334views韓非韓非

このエントリーをはてなブックマークに追加
淮南子の思想 老荘的世界 (講談社学術文庫)

淮南子という書物は、聞いた事のない、知らない人の方が圧倒的多数を占めるのかもしれない。老子と荘子の思想をベースとし、法家思想、儒教、仙人思想等を取り入れた雑家というものに属するらしい。淮南子は、非常に難解なために中国思想の学者でも研究する人は少なく牽制されてきた本だ。しかし金谷氏は目をつけ研究に没頭し、まず皆に知られるようにと、入門として淮南子の思想という著作を出版した。中国思想に興味ある方には特におすすめの一冊である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く