分野は違えど、さまざまな人の「自分」との戦いに参考になるものだと思います。

2218viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

この本で一番大事なこと

本書は2005年頭から2007年末のイチロー選手の印象に残るセリフをまとめたものです。

五章構成で「変化」を軸にまとめられているのは、約三年間のイチロー選手の発言が変化や持続や人間関係を中心に深まったからです。
変化しなければ同じ結果もでません、と話す反面、進化も退化も変化で、練習の分量は錯覚するも与えると注意するなど、物事の変化や矛盾に触れる発言が増えました。
「意図を伝えたらもめごとも多い」「勝負は本音を知られないことが大切」と流動的な人間関係のやりとりやかけひきについても、2006年のWBC日本代表のリーダーならではのセリフがたくさんあります。

言うまでもないことではありますが、イチロー選手は「類まれな野球選手」であり、「国民的ヒーロー」です。しかしイチロー選手に限らずですが、どんな偉人であっても挫折もあれば苦悩もあるはずです。
当然一年一年の変化はあるわけで、年齢を重ねれば考え方にも違いが出てくるし、結果が全てのスポーツ選手であるが故の葛藤もあるに違いないと思います。しかし、何年たっても変わらないこと、イチロー選手は「野球が大好きだ」ということ。しかも「子供のように野球に夢中になっている」ということ。そしてその心を大人になっても、どんな困難に向き合っても失っていないということ。「なんだ、そんなことか」という声も聞こえてきそうですが、人生の中で好きなものに出会い、それを仕事にしつつも、常に子供の様な純粋な心で向き合い続けるというのは、並大抵のことではないと思います。

メディアに対して多くを語らないイチロー選手ではありますが、これぞと思った場では常に自分の考えを正確に、そして真摯に伝えてくれています。かつてはメディア嫌いの「無口でクールな男」と言われ、ワールド・ベースボール・クラシックでは「イメチェンした」などと評判になっていましたが、著者にとってのイチロー選手はいつも「ひとつひとつの言葉を大事にする詩人」のような人物です。

この本を手にとって頂いた「あなた」は今どんな状況でしょうか?仕事や勉強は順調ですか?それとも何かの壁に直面し試行錯誤の真っ最中ですか?夢をつかむことは難しいことだし、ましてや未来をかえることなんて誰もができることではない、そんな気もします。

しかし、この本のどこかのページの言葉がきっかけで、少しは気が晴れたり、勇気が湧いてきたとしたら幸いです。

内容

  • 自分を変える
  • 意識を変える
  • 人間関係を変える
  • 環境を変える
  • 常識を変える
  • 感想

    たった2行の言葉で、自分のいろんな気持ちが見えてきますね。

未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

  • 「未来をかえるイチロー262のNextメッセージ」編集委員会

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く