「シャンプー変えた?」って聞かれたことありますか?それは運命の赤い糸かも?!

2292viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
幸せを引き寄せる「香り」の習慣

この本で一番大事なこと

匂いは、私たちの心と暮らしを支配している

日本人は、「匂い」に敏感です。
日本人は比較的体臭が少ないので、その分、微妙な匂いの違いも嗅ぎ取ることができるのではないかと思われます。
敏感だからこそ、悪臭に対して厳しいのが日本人です。

清潔な環境が整ってくると、匂いをできるだけ排除して暮らすようになります。とくに、「消臭剤」はものすごい勢いで私たちの暮らしに入り込んできました。
ここで注目すべきは、ただ「消す」だけでなく、プラスして「香る」ことも求められているということ。洗剤、柔軟剤、ボディソープ、シャンプー、トイレの芳香剤に至るまで、「消す」プラス「香り」がセットですよね。
この状況から分かるのは、多くの人が「自分の好きな香りを探している」ということです。

五感に働きかける「匂い」は、人の心に直接的に作用するのです。いい匂いは心を整える力をもっていますから、私たちの日々だけでなく、人生も変えるくらいの力のあるものだと思うのです。

「好きな匂い」に出会えたら、幸せな気持ちになることは間違いありません。

「100人いれば、100通りの匂いがあっていい」
これが、匂いの面白さです。
私たちにとって、今が自分の匂いを探す好機なのかもしれません。

香りと楽しく付き合うためのエッセンスが紹介されています。

内容

  • 魔法のような、香りのパワー
  • 人間関係はすべて匂いで決まる!
  • 「いい匂い」でつらいことは乗り切り、幸せを呼び込もう!
  • あなただけの香りを見つけて、もっと輝く! ―香りを作ってみよう
  • 即実践!「匂いできれいになる」5つの方法
  • よりよい暮らしのために、もっと匂いを活用しょう
感想

おそらく、香りに関する本を読まれるという方は、結構本気で勉強したいという方が多いのではないかと思います。また、肌につけたり、自分で作製したりすることを考えている方は、間違って使用すると、肌に異常をきたす恐れがあるため、勉強はしっかりした方がいいと思います。その点からすると、以前紹介した「〈香り〉はなぜ脳に効くのか」はやはりお勧めです。しっかりとした、精油と合成香料の知識を築いてから、こういう考え方や方法もあるのかと、2冊目で、軽く読んでみたいという方には、良いと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く