「努力」とは何か? あなたの「努力」の捉え方は正しいですか?

2431viewshisap0hisap0

このエントリーをはてなブックマークに追加
努力が勝手に続いてしまう。---偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術

この本で一番大事なこと

みなさんは「努力」というと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
おそらく多くの人が反射的に、ちょっと重たいものを感じたり、苦手なイメージを思い浮かべるのではないかと思います。なんだか、自分では見たくなかったものを目の前に突き付けられた気持ちがするかもしれません。

振り返ってみても、親や学校の先生、あるいは職場の上司から「そこはもっと努力したほうがいい」「努力が足りないからうまくいかないんだ」といったことを言われて落ち込んだりした経験は、だれにでもあるでしょう。

この本の目的は「努力が嫌い」「続けることが苦手」な人に、苦しい思いや、いやな思いをせずに「努力が勝手に続いてしまう」仕組みをレクチャーされています。

内容

  • 準備編:まず自分をその気にさせる「気持ちのセット」の仕方
  • ルール編:努力を仕組み化するために頭に入れておきたい必須の方法
  • 技術編:努力が勝手に続くための具体的なテクニックとノウハウ
  • 効率編:短期間で目標をクリアするための効率のいい努力のコツ
  • 挑戦編:独学でもかなり高みにまでレベルアップする方法
  • 感想

    「努力」の捉え方が目からうろこでした!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く