AI時代の生き方、働き方の心構え。何を優先し何を削るか「超AI時代の生存戦略」落合陽一

2198views折笠 隆折笠 隆

このエントリーをはてなブックマークに追加
超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

生き方

  • ネット環境が整い、今や仕事とプライベートの境目はない。ワークライフバランスではなく「ワークアズライフ」だ。休息時間を分けるのではなく、常時仕事という環境の中でいかにストレスを軽減させるか
  • 今や価値観の共有なくとも社会は成立。一つの軸で競争するより、1人1人が淡々と独自の方向へ進み(=ブルーオーシャン)、その中で自己実現を目指そう
  • 生き方の指針として信仰心(=何に重きを置くか)は重要だ。そのあり方は「豊かさ信仰」の高度経済成長時代から変わった。自分で探っていくしかない
  • 多くがAIに代替される中で、揺るがないのは個人の趣味性。コンピュータに趣味性はないから。仕事になる趣味を3つは持とう
  • 「報酬」「ドキドキ感」は人のモチベーションをあげ、継続性につなげるもの。これをワークアズライフのなかに組み込もう
  • 自分を盛り上げる報酬のタイプを知れ。「ギャンブル性」か「コレクション」か「心地よさ」か。仕事のなかに自分でゲーム性を持ちこんでみよう
  • 仕事と違い「遊び」は自分で開発していくしかない。個人のアイデンティティを最もよく表すものになる
  • 時代性、コンテクスト(文脈)を常に意識しよう。自分の考え・生き方は時代背景の中でどのような意味を持つのか、どう意義付けていくべきなのか

働き方

  • テクノロジーの進歩で、数年前に学んだ技術がすぐ誰にでもできるようになってしまう。時代に追いつかれる技能取得はムダなので削れ。そして常に先端技術を学び続けよ
  • 開発とマーケティングは一体化して考えないと意味がなくなる。できてしまった商品を「どう売るか」と考えることは愚か
  • サイクルが速い現代にあって会社の寿命は人より短い。会社を使い倒すつもりで、自分に投資を
  • ツールを使いこなし、不必要な時間をどんどん削っていけ。時間だけが唯一のリソースだ
  • 機械にはない「飲み会的」な非合理コミュニケーションも実は大事
  • 機械では表現できないあなたの考え(価値)はどんどんソーシャルメディアで発信して説明していこう。受動的だと何も動いていかない時代だ
  • 生き方が多様化する時代では、一億総○○の時代と違い、政治の変化が自分の生活へダイレクトに影響する。だからもっと政治に関心を持ち参画しないといけない
  • 丸暗記はしなくていいが、ヒントになるような知識をぼんやりとでも幅広く持ち、引き出しを増やしておけ。専門性をベースに、幅広い知識の引き出しを加えることでコンピュータに代替されにくくなる
  • たいていのことはコンピュータがやる。資格を取っても、その分野でトップクラスでないと価値はない

生活習慣

  • 理想の仕事は、仕事のストレスを同じ仕事の中で発散する仕組み。ストレスがどこから生まれるのかを可視化し、生み出している仕組みを除外していこう
  • AIにないのは身体性。身体を鍛えるということは意識しておきたい。理性的に自覚したうえで、意図的に壊れる(暴飲暴食など)のはあり
  • 自動運転が当たり前になれば移動コストは劇的に安くなり、居住地選択の幅が広がる。土地の価値も変わる
  • 「平均的なこと」はコンピュータがやっていく。平均への意識が弱まり、今後はコンプレックスを今ほど感じない世界になるのでは
  • ファッションは周囲の価値観を意識せず、自分が好きかどうかで決めよう。それで自然に個性が出てくる
  • ワークアズライフの時代、老後という概念はない。老後に備えた貯蓄より、自分へ投資を
  • 子育ては「コストのかかる趣味」。子どもの報酬の傾向やピーク値を見極め、自分で試行錯誤できるステージまで連れていけばいい

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く