仕事と人生で業績をあげるための方法

4584viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
成功をめざす人に知っておいてほしいこと

成功をめざす人に知っておいてほしいことの概要

アメリカでバスケットボールの監督をつとめ、指導力に定評のある著者は、成功について下記のように語ります。

「ひたむきな努力なしに成功する方法というのは偽物です」

「成功を目指すからには、成功に値する人にならなければなりません」

「成功に値する人になるには、人の何倍も努力することです。小さなことであれ大きなことであれ、一生懸命になることです。これでも十分かと思っても、さらに努力することです」

「誰もが業績をあげたいと願いっています。誰でも自分の価値を高めたいと願いっています。ただ、その方法を知らない人があまにも多すぎる」

本書では、仕事と人生で業績をあげるための方法を教えてくれます。

以下、印象に残った箇所を抜粋します。

自尊心

◆自尊心=謙虚な姿勢で自分を尊敬し信頼する姿勢

◆人はみな人生をコントロールし、成功したいと感じたがっています。そしてそれは自尊心を高めることから始まる

幸運

◆幸運は努力のたまもの

◆業績を上げている人はたんに運がいいのではなく、ひたむきに努力をしている

正しい努力

◆私たちの任務は、自分の強みを最大限に発揮し、弱みを最小限に抑えること

◆自分は成功すると信じていても、そのための努力をしていないなら、夢は永久に実現しません

◆「練習すれば完璧になる」という格言は不正解です。完璧な練習によって初めて完璧になる

◆努力すればするほど、屈するのが困難になる

変化を恐れない

◆変化を起こして人生を変えるのに遅すぎることはありません

◆変化をワクワクする貴重な経験ととらえる

目標を持つ

◆目標は優先順位を決定してくれます。目標を設定することは、成功を収めて夢をかなえるための絶対条件です

気分はコントロールする

◆私たちは朝起きたときに自分の気分を選ぶことができるのです。爽やかな気分で目覚めて、それを持続させればいいのです

友人

◆真の友人は、あなたの目標達成の邪魔になるようなことをしません

今を生きる

◆過去への後悔や未来への心配ではなく現在の課題に集中することは、大きな恩恵をもたらす

第一印象をよくする

◆身なりはあなたの自己イメージの表れであり、人々がそれをもとにあなたを判断する

コミュニケーションを高める

◆コミュニケーション=人と適切に接して自分の目標を達成を手伝ってもらうと同時に、その人たちの目標達成を手伝うこと

◆コミュニケーションは習慣ですから、その能力は学習して習得することができる

◆たんに命令せずに、ほんの数秒間理由を説明するだけで相手の心理に天と地の違いが生じる

相手の気持ちを察する

◆相手の立場に耳を傾けるというのは、相手の立場に立って気持ちを察するということです。これができれば味方を増やすことができます

偉人から学ぶ

◆どのように努力したのか、何を克服したのか、どれだけ粘り強さを発揮したのか、どうやって逆境を克服したのかに注目すべき

◆賞賛するだけなら誰にでもできます。成功の秘訣は、ロールモデルを研究して長所を取り入れること

自分流に改良する

◆他人のアイデアを改良して独自のものにするのを恐れてはいけません。真似をするだけでは不十分です。自分の個性に合わせて修正することが重要です

人生の先輩から学ぶ

◆人間は間違いを犯すが、人生の先輩から学べば同じ間違いを犯さずにすむ

プレッシャー

◆プレッシャーをワクワクすることとみなして味方にするか、心配して仕事に悪影響を及ぼすか、それは自分次第です

◆プレッシャーに対処する方法=自分で課題を整理して優先順位をつけ、時間を有効に活用すること

失敗

◆失敗から教訓を学べる

◆失敗への恐怖を有効に活用すれば、大きな力を発揮することができます

◆失敗が本当に悪いものとなるのは、それをあきらめる口実に使うときだけです

持続する

◆卓越性の追求は短距離走ではなくマラソンである

◆潜在能力を最大限に発揮することに時間の制限はない

成功者の3つの特徴 PHD

◆P「Poor」:知識に飢えていて勉強熱心

◆H「hungry」:絶対に成功するというハングリー精神を持っている

◆D「driven」:野心的な目標を掲げ、猛烈な勢いでそれを追求する

運命

◆あなたは自分の運をつくり出しています。あなたは自分の決定にもとづいて自分に起こることをつくり出しているのです

逆境

◆基本に立ち返って正しい努力をすることが、逆境を克服する秘訣

前向き

◆人生を対処するには、あなたは常に前向きでなければなりません。それが正しい方法だからというのではなく、それが唯一の方法だからです

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く