ファーストクラスに乗る人の習慣をまねて自分も成功者への第一歩を...

5029viewssnufkinsnufkin

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

ファーストクラスのお客様の「習慣」をまねる

メモをどんどんとる

  • いつでも、どこでも、何にでも、そして、どんなことでも
  • たとえ名刺の裏でも気にしない
  • 家中のいたるところにメモを置き、何か閃いたらすぐにかけるようにしておく

  • アイデアや感動した言葉(本、講演会)
  • 指示したい、伝えたい内容
  • 優先順位のリストアップ
  • 感謝の気持ちを伝える

  • メモのメリット
☆周囲への心遣いにもなる
☆記憶を強化できる
☆アイデアの整理ができる
☆信用も得られる
《成功者は、メモをとる姿で相手を感動させる》

すぐにお礼状を出す

  • 会ったその日のうちに

健康管理に常に気を配る

  • 機内食にも気をつける

朝の時間を大切にする

  • 朝の時間は、何かを生み出す仕事に使う

新聞を定期購読する

  • 日頃から新聞を読むことで、社会現象や経済の流れを理解し、次にどうなるかを予測できる

読書家になる

  • 情報のアウトプットをしない時にはインプットする

自分の衣類を丁寧に扱う

  • コートやジャケットの扱い方

靴は人目につかない場所に揃える

  • 汗や油で汚れた靴の中を他人に見せるのは失礼だ

=他人に気遣いができる

必ずペンを持ち歩いている

シンプルな手帳

話し方・聞き方

ビジネスエリートは話上手

  • わかりやすい言葉でわかりやすい言い回し

=とても理解しやすい

声の重要性

  • たとえエンジン音の響く機内でも、非常に聞きやすい声
  • 良い声を出すには、まず良い姿勢
  • 声にメリハリをつける

クレームの伝え方「予告と確認」

  • これから話すぞということを予告してから伝える
  • 飛行機のエンジン音の中でも聴きやすい声
  • まずは良い姿勢
  • 腹式呼吸

①背筋をのばし、丹田に力を入れる
②左右の肩甲骨を引き寄せ、肩は力を抜いて位置を下げる
③顔を前に向け、視線はまっすぐに前を向く
④鼻から息を吸いながら、お腹を膨らませる
⑤口から「ス〜」と音を出しながら息を吐く

  • 声にメリハリをつける

「予告」と「確認」が大事

  • これから話そうということを予告してから伝える
  • クレームの伝え方も「予告」をしてから

オウム返し(バックトラッキング)

絶妙な質問

  • クローズドクエスチョンとオープンクエスチョン
  • 会話を深く掘り下げ、もっと広がるような質問
  • 話しているうちに本人が自然に(答えなどに)気づくように

《3つのポイント》
①自分の失敗談から話し始める
②共感の返事
③前に話した話の内容も覚えている

クッション言葉で依頼する

ありがとうの一言で相手を巻き込む

沈黙も大切

  • 大事な話の前に沈黙を入れると、これから大事な話をするという注意喚起になる

相手の緊張を解き、リラックスさせる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く