これkらのナースに実践してほしいこと

5862viewsたくっくすたくっくす

このエントリーをはてなブックマークに追加
これからのナースに実践してほしいこと―日野原重明から医療者へのメッセージ

昨年2017年7月18日に106歳にて天寿を全うされた日野原先生の看護師さん向けの講演録をまとめた一冊です。
医療の現場、傍から見ても厳格な縦社会、そして階級社会として映る素人目には閉ざされた空間で、現場で一番に患者さんへ手を差し伸べている看護師へのエールを送る本です。
<まとめ>
「医学はサイエンスに基づいたアートである」ウィリアム・オスラー
「ナースには知識、技術そして感性と人間性が求められる」ナイチンゲール
ナースがプライマリケアを担う時代に向けての動機付けが書かれている。
ナースに大切なのは明るさ、そして機転。どの職場でもいえること。でもなかなか出来ない。
大切なのは看護師もさらに医学を学び、医師に変わり出来る看護をする。これからの時代、一人一人のQOLをいかに高めて長生きするか。一番身近に、患者目線で寄り添える看護師の要請が急務である。

感想

講演録ということで、日野原先生の講演での暖かさが伝わってくるような文章になっております。是非、医療に関係する方はご一読を。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く