不動産投資や大家業について、そのメリット・デメリットを説明した上で、失敗しない鉄則を紹介している。

6278viewssfutamatasfutamata

このエントリーをはてなブックマークに追加
FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由

「大家の噂」あれこれにお答えします。

1.少ない自己資金でもできるの?

融資を受けて不動産を購入し家賃収入を得れば、その家賃収入で毎月の融資の返済ができる。
借金を抱えるものの、毎月のお金の流れがローン返済後もプラスになる物件を選ぶことが大事。

2.節税効果がある・・・・

節税効果はある。ただし、節税効果を期待して、不動産を購入するよりも、不動産所得をプラスにしていく方が、心理的にプラス。

3.将来の年金がもう一つ増えるの?

老後の収入源としてだけでなく、会社の給与以外の収入を得られるので、収入の複線化は可能。
ただしコツコツと貯金をする、ローンは繰り上げ返済するという努力も必要。

4.相続対策にもなる・・・・

相続対策として不動産は有利だが、どんな物件でもいいわけではない。

5.収入が上がれば、独立もできるって本当?

独立することを目的にする前に、独立後どのように過ごしたいのかをまず考えること。

2.一戸目を購入するまでにすべきこと

1.不動産投資は実物資産への投資

投資は、「金融資産と実物資産」、「国内と海外」の組み合わせの4種類。
この4分類をバランスよく配分して持つこと。

2.金融資産投資との違い

一番の違いは、「コントロールが自分でできるか」。金融資産は相場のコントロールができない。
不動産などの実物資産への投資は、個別性が強い。

3.大家業に向いている人・不向きな人

短期的な利益を求めず、長期的な視点を以てじっくり取り組むのが好き
自分のペースで物事を進めていくのが好き
毎月定期的な収入が入ってい来ることに喜びを感じる 等7点挙げている。

4.何のために始めるかを考える

投資で大事なのは、お金を得ることよりも、その得た金をさらにどう使っていくか。

5.多くの人が陥る大家業の不安

不安① 空室が続いたらどうしよう・・・
 物件の場所と賃貸管理会社の選び方を間違わなければ、空室が続く可能性は低い。
 複数の部屋を保有すれば、入居率0の可能性をさらに下げることができる。

不安② 家賃が将来下がったらどうしよう・・・
 賃料は平均すると築20年前後を境に下げ止まることが多い。

不安③ 今は低金利と言われているけえれど、今後上がったらどうしよう・・・
 繰り上げ返済をうまく活用する。
 金利が上がっても、借入残高は上がらない。一方家賃は上がる可能性が高い。

不安④ 将来的に修繕費用が結構かかってくるのでは・・・
 マンションには、修繕積立金というシステムで維持管理が可能。

不安⑤ 日本は地震の多い国だから、もし大地震が起こったらッて思うと・・・
 地震による倒壊のリスクは限りなく低い。地震保険に加入したり、新耐震基準で
 作られたマンションを選んだりすることで、備える。

不安⑥ マンションも古くなると資産価値が落ちてしまうのでは・・・
 マンションの売却価格ではなく、長期的に安定した賃貸需要があって、家賃収入
 を生み続けてくれる不動産を保有することが大事。

大家になるための学びを身につけるには

  • 少し時間をかけてセミナーに参加する - 本を読んで著者に会いに行く
  • 物件選択の疑似体験シミュレーション(不動産情報検索サイト利用)- 現地を見る・街を見ることを楽しむ

以降、
物件選択で失敗しないポイント
大家業を充実させていくために
空室対策として取り組むこと

感想

具体的に不動産投資に取り組みたい方は、実際に本書を入手し一読をお勧めする。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く