★★★☆☆モテたい女性に向けた本

6626viewsちーずちーず

このエントリーをはてなブックマークに追加
84.7%の女性をモテさせた僕が密室でこっそり教えていたこと

この本の3つの要点

①モテるために一番大事なことは、自分を大事に扱うこと
 (→モテるとは、人から大切に扱われることだから)
 

②「見た目」→「マインド」の順で自信がつく
 

③巻末に、簡単で清楚に見える髪の巻き方が載っています
 

要約

・人の見た目は、環境で決まるから、自分よりもキレイ・素敵だと感じる人と過ごす
 

・お菓子だって味がおいしいだけで十分なのに、売るためには形や色をかわいくして愛される努力が必要なんだなって思う
 

・意識的でも、無意識的にでも、人の気をひく努力をしている人が好かれていると思うんです。
 

・モテる女の子は、よく笑い、話すときの距離が近く、マメ。
 

・男性は、そもそも、「いじりたい」生き物。お笑い芸人でもそれを笑いにする人が多い
  

・「は・わ・け」の法則
 →励ます:何があってもあなたなら大丈夫、と男性に勘違いさせられる
 →けなげ:コツコツと見えないところで、何かをしてくれたと感じさせる
 →わがまま:単なるわがままでなく、我慢せずに、自分の主張を伝える
  ①取って ②持って ③迎えに来て
  

・おかん以上、秘書未満で。
 →おかんは、受け身。秘書は能動的。秘書並みに世話を焼かなくていい
 

・先に目線をそらさない
 

・男が好きなのは信頼。信頼して放っておく。
 女が好きなのは心配。心配して構ってあげる。
 

・自分の機嫌は自分でとる
 

・「見られてない」→「見られている」→「見せる」にシフトする
 自分がどう見えているかを知る
 

・反省はしても後悔はしない
 

・男は自分で運気を上げることはできない。女性から運気をもらって生きていく生き物
 

・コンプレックスは自身をもつための起爆剤になる
 

・巻髪は「曲線」「揺れ感」「つや」が手にはいる

感想

■概要、感想
 
美容師の方が書かれた本です。
女の子に自信を与える髪型を提供し、それを継続してもらうためのスタイリング方法を指導しているそうです。
近所にこんな美容室があったら行ってみたいなぁと思いました。
 
■読書後、日常でどう実践したか
 
 職場やプライベートでも、男性に対する接し方(信頼して放っておく)と、女性に対する接し方(心配して構ってあげる)を実践するようになりました。
 たしかに、この方が、お互いイライラすることなく、スムーズな人間関係が構築されるな、と感じました。
 
■読書後、次に学びたいと思ったこと
 
 パーソナルカラー診断で、自分自身に合う色や髪型・ファッションを見てもらいに行く予定です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く