悩みや不安には目的がある。ネガティブな感情を活かそう

10730viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

[魔法のルール1]「人がどう思うか」より「自分はどうしたいか」

「やりたいことをやる」と宣言する

「いまの自分じゃダメだ」という悪魔の声に

現状を打破できるのは、ありのままの自分を表に出す「行為」ではありません。私流に言えば、ありのままの自分を表に出すと決意する「勇気」です。

[魔法のルール2]「完璧主義」は捨てていい

完璧主義はベストをつくすこととは違います

彼らは自分の欠点について、穏やかに、正直に、恥ずかしさや恐れなどを感じることなく口に出し自分自身や他人について批判したり悪口をいったりませんでした。
「私は完璧ではないけれど、いま、自分のベストを尽くすことはできる」

[魔法のルール3]「変化」をおそれない

[魔法のルール4]「ありがとうのパワー」を手にする

[魔法のルール5]チャンスをつかむ「直感」を鍛える

もし、直感の声が聞こえてこないというなら、それは「確実性」をもとめているからでしょう。

いちいち人の意見を聞かないと決められないのは、自分自身を信頼していないから。自分の考えなど不安定で確実性が乏しいと感じているからです。

[魔法のルール6]他人とのこんな比較をしない

”みんなと”同じ道より”オリジナルの道”を

1「私には創造性がない」という人は、大間違い
2世の中の訳に立つことは、想像性から生まれます
3生きることの意味を見つけるには、何かアートを生み出しましょう。

[魔法のルール7]大胆に「遊び」、堂々と「休む」

遊ぶのは、人間にとって生物学的にプログラムされており、遊びを大事にすれば、仕事のやり方を変わり、やる気や新鮮味がわいてきます。
それに困難にぶつかったときにも心の支えになってくれます。
また、寛容な心を育み、スキルの向上を助け、クリエイティブなプロセスのかなめとなってくれます。

[魔法のルール8]「ぶれない自分」を手に入れる

[魔法のルール9「ToDoリスト」なんかゴミ箱行き!

悪魔の声は子どもと同じで、無視するとますます騒ぎ立てます。一番よいのは、こうしたメッセージを認め、書き留めておくこと。違和感があるかもしれませんが、いのまにかネガティブな声は力を失うとともに、やる気がわき、こんなふうに思えてくるでしょう。
「そうか、私は〇〇が怖いんだ。でも、とにかくやってみよう」

[魔法のルール10]もっと「熱く」なっていい

クールに見られたいというのは、つまり、弱さをできるだけ見せないようにして、バカにされる危険を減らしたいということでしょう。
「自制する」のは必ずしも状況をコントロールするためではなく、たいていは周囲にいい印象を与えたいと思っているから。他人が自分をどう思うかをコントロールし、満たされたいのです。
自分を解放出来なければ、他人の自由も許すことはできません。
こいう人はやがて他人をけなし、バカにし、彼らの行動をあざ笑い、ときには恥を書かせるようになります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く