社会人として何とかやってきた自分に自信を持とう!40歳から勝負するための考え方

3279viewsmarumaru

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生、勝負は40歳から! [ソフトバンク新書]

まずは、これまで社会人として何とかやってきた自分に自信を持つこと。
そして、以下のようなちょっとした心配りで人生がかなり好転する。

○心の持ち方を少し変える

 ・夢と期限を決めたら、毎日少しずつでも前進することを忘れない
  (休めば休み癖がつく)
 ・自分の先行きへの不安→もう一人の自分を作ることにより解消
 ・ツイてると思う
 ・始めなければ進展はない
  (積極的にリスクを負うことは、未来のリスクを最小限にすること)

○時間の使い方をちょっと工夫する

 ・苦労や努力は最小限に抑える
 ・評価してもらいたければ、努力は周囲に分かるように
 ・スピード重視(7割満足できればそれでOK)
 ・二足のわらじより三足のわらじ
  (3つ以上だと踏ん切りがつきやすくなる)
 ・テレビを見るならネタ本を読め
 ・睡眠はしっかり

○人付き合いを少しだけ見直す

 ・まずは与えること
  (鶴の恩返しは現代でも生きている)
 ・人に与えること。与えれば喜びが生まれる
 ・何事も皆さんのおかげです
 ・好きだと思えば、どんどん味方が増えてくる。
 ・会ってみよう、と思うこと
 ・挨拶

○コミュニケーションをちょっと修正する

 ・やる気があると思わせること
  (時には自己アピールが必要)
 ・周囲をうかがうのはやめよう。
  (周りの人はあなたが思うほど、あなたのことを注視していない。)
 ・一人の時間を持つこと
 ・話し方に気をつける
 ・「ありがとう」「お願いします」「すいません」
 ・分かったつもり、知ってるつもりはしない
 

○見た目をちょっと良くする

 ・笑顔
 ・トラブルでも表面だけは微笑を浮かべるくらいの度量を身につける
 ・背筋を伸ばす
 ・いい靴を履く。ある程度のこだわりを持った小物(時計、手帳、バッグなど)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く