エリート達の心掛け

11257viewspastice1979pastice1979

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

著者は戸塚隆将氏
ゴールドマンサックス、ハーバード経営大学院、マッキンゼーを経て戦略コンサルティング業務に従事

エリート達は基本に徹する。
その基本とはなにか。それは人との交流を大事にすること。
人との交流を深めるにはランチ→ディナーなど前回とは変わったシチュエーションで会うなど
変化をつけるとよい。握手を力強く行う。

靴の手入れを二週間に一回は行う。
ズボンのプレスをきちんとする。机を綺麗にする。

仕事がたまったら優先順位マトリクスで臨む。切口は2つ。優先度と完成に要する時間。
優先かつ完成に要する時間が大きい物は納期を明確にして間に合わない間に合わない
可能性あがある場合は早めに間に合わない可能性を伝える。その後、優先かつ完成に要する時間がかからないものに取り組む。

引き受けた仕事はまず五分やる。着手するそこから始まる。
メールの返信スピードはあなたの評価。

上司へのホウレンソウは先手。聞かれてから報告は❌
ホウレンソウは例えば「この様に考えてますがよろしいですか」と仮説を入れる。
上司はあなたのホウレンソウを待っていると考え自信をもって報告。
〇〇の件で五分よろしいですか、と。

レスポンスの速さはあなたの名刺!

会議などの資料作りは基本白黒から。華美にしない。
あとから強調したい所に色を付ける。
三色以上使わないのが鉄則。
統一感を出す。タイトルが太字なら全て太字。句読点はつけるなら全てつける。
最後は中身を無視して細部の文字サイズなどをチェックする。
資料の前に下書きをする。マッキンゼー式は方眼紙と鉛筆。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く