この結末は残酷か、ハッピーエンドか。

1174views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
永遠と刹那の交差点に、君はいた。

憎しみと暴力に生きる若者が初めて愛を知ったとき、運命の歯車が動き出す。

幼い頃、実の父から虐待を受けて育ったギャングのリーダー・博昭。
父と弟を水難事故で亡くした若き劇団女優・今日子。

ギャング同士の熾烈な抗争、不倫に揺れる劇団……
それぞれの様々な思惑が交錯する街・渋谷で、
二人は宿命的な出会いを果たす。

誰もが心の檻の中で葛藤し、もがくさまを大胆かつ繊細に描いた
圧倒的なスピード感で繰り広げられる恋愛群像小説。

永遠と刹那が交差する先で二人を待ち受ける結末を、是非あなたの目で確かめてほしい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く