俺の人生は本当に正しかったのだろうか?人生というテーマに真正面から挑む衝撃作

1270views幻冬舎ルネッサンス新社幻冬舎ルネッサンス新社

このエントリーをはてなブックマークに追加
ありえた人生

そう悪くない人生を送ってきたはずだった。
犠牲者たちの存在を知るまでは・・・。

男は「過去」の人たちから真実を告げられる。
夢の中で会うかつての友人、同僚、愛人、元妻。
皆が告白する後悔、葛藤、心の叫び、そして悲しい真実。

それは男の存在意義を揺るがすものだった・・・

ーこれは本当に夢なのだろうか?ー
ー俺の人生は本当に正しかったのだろうか?ー

あまりにも静かに、そして暴力的なほどに、心をえぐりだす衝撃作。

目次

まどい
屈辱の代償
無神経
闇の笑顔
悲喜共感
不実
飛べよ、跳ねよ
自分と他人
果てのない疑問

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く